コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捐納 えんのうJuan-na; Chüan-na

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捐納
えんのう
Juan-na; Chüan-na

中国の諸王朝が臨時財源を補うため,人民官爵などの資格を与えて金銭穀物を納めさせた制度。古く秦,の頃からみられ,漢の武帝は売爵のほかに売官の制を始めた。その後,歴朝に引継がれ,15世紀なかば頃から次第に定制化し,明,清では財政収入の主要な項目に数えられ,特に太平天国以来,釐金 (りきん) とともに軍事費の主要財源となった。その弊害は大きく,中国官僚制の腐敗堕落を助長する要因となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんのう【捐納】

中国で、政府が財政を補うため人民に金銭・米穀を納めさせて官職を与えたり優遇したりしたこと。北辺防備のため漢代に始まり、以後、乱用されて弊害を生じた。捐官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

捐納
えんのう

中国で、歴代の王朝政府が財政の困窮を補うために、人民に金銭もしくは米穀などを納入させることによって、官位、爵位などを与える制度。捐は「寄付する」の意で、捐輸、捐官ともいう。秦(しん)の始皇帝のときに始まるといわれ、当初は爵位だけであったが、漢の武帝のとき、売爵のほかに初めて官を与えた。その後、歴朝において財政窮乏の対策としてしばしば行われたが、明(みん)の景泰(けいたい)年間(1450~57)以来、国子監(こくしかん)生の資格を与えて捐監とよばれ、しだいに恒常的な制度となった。清(しん)では三藩(さんぱん)の乱(1673~81)以後、捐納を利用することが甚だしく、とくに太平天国の乱(1850~64)のときには釐金(りきん)税とともに軍費の財源の主要部分を占めた。さらにその適用範囲も、一般庶民の売官のほか、官吏の昇官および降級・罷免の回復などにも拡大された。その後も財政上、捐納はますます行われ、清末の官界の腐敗、堕落を助長する要因となった。[佐久間重男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の捐納の言及

【売官】より

…一般には官職売買ともいわれる。
[中国]
 中国の場合,時代により貲選(しせん),進納,捐納(えんのう)など呼称は変わるが,米穀または金銭上納の代償として爵位,官職を与える制度は秦・漢にさかのぼる。納粟授爵は商鞅(しようおう)時代にあったとされるが,始皇帝4年(前243)には粟千石を納めれば爵一級が与えられた。…

※「捐納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

捐納の関連キーワード新安商人呉健彰徐錫麟李衛官職以後

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android