コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釐金 りきん Li-jin; Li-chin

3件 の用語解説(釐金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釐金
りきん
Li-jin; Li-chin

中国,清末から民国にかけて徴収されていた内地関税の一種。太平天国鎮圧の軍費調達のため,咸豊3 (1853) 年江蘇省揚州で徴収されたのが始りで,全国に及び,太平天国鎮圧後も恒常化され,各省の重要財源となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りきん【釐金 lí jīn】

中国,清末の太平天国の乱に際し,軍費捻出を目的として制定された貨物通過税。釐金の名称は,従価100分の1(1釐)を課税することから出ている。刑部侍郎雷以諴(らいいかん)は,南京が陥落した1853年(咸豊3),揚州仙女鎮一帯の米商から,臨時戦費に当てるため捐金(えんきん)を徴発した。清朝政府もこれにならい,同年上海に釐局を設け,各地方にも兵餉(へいしよう)確保のために釐金の制を実施することを推奨した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りきん【釐金】

中国、清末から行われた貨物通過税。1853年に太平天国鎮圧の軍費にあてるため制定。商品価格の100分の1(一釐)を課税した。のち各省で恒常化。1931年撤廃。釐金税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釐金の関連キーワード李鴻章曽国藩左宗棠湘軍上帝会湘勇太平天国淮軍天京太平天国小銭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone