掃海(読み)そうかい(英語表記)mine sweeping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掃海
そうかい
mine sweeping

機雷の設置されている海域を小型艦艇 (掃海艇) などにより,水上艦または潜水艦の発する推進器音または船体磁気と同等な擬似信号を発生する掃海具を引き,機雷に対し,あたかも近傍艦船が通過したかのような状況を作為し,誤発火させる機雷処分法。通常,掃海用ビークルとしては,艦艇磁気および推進器音を局限するため,木造などの非磁性材料で建造された小型艦艇ならびに大型ヘリコプタが運用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐かい〔サウ‐〕【掃海】

[名](スル)航路の安全を確保するため、海中に敷設された機雷や不発爆弾などを捜索して除去すること。「湾内を掃海する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

掃海【そうかい】

敵が敷設(ふせつ)または投下した機雷を探知し除去すること。日露戦争で水雷艇などが行ったのが最初で,第1次大戦には掃海艇が曳航(えいこう)する掃海索などで機雷の係留索を切断,浮上させ銃撃により爆発させた。第2次大戦以後は感応機雷が主となったので,それに対応した特殊な掃海具を使用するようになった。
→関連項目掃海艇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうかい【掃海 mine sweeping】

機雷が敷設されている危険な海域を掃海艇または掃海用ヘリコプターにより,掃海具を曳航し,機雷を爆発処分して安全な海域にすること。掃海法には,磁気機雷音響機雷のような感応機雷を掃海する感応掃海と係留式の機雷を掃海する係維掃海がある。(1)感応掃海 磁気機雷や音響機雷は,もともと艦船の船体磁気や航走音のような物理現象により,爆発するようになっている。したがって磁気機雷や音響機雷のような感応機雷を掃海するためには,実際の艦船が発生するような船体磁気や航走音に類似した擬似信号を機雷に与えてやれば,必ず掃海できるはずである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうかい【掃海】

( 名 ) スル
機雷など海中の危険物を取り除いて、航路の安全をはかること。 「湾内を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掃海の関連情報