コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)合(わ)せる カケアワセル

デジタル大辞泉の解説

かけ‐あわ・せる〔‐あはせる〕【掛(け)合(わ)せる】

[動サ下一][文]かけあは・す[サ下二]
掛け算をする。「二と三を―・せると六」
交配する。交尾させる。「いのししと豚を―・せる」
複数のものを合わせて一つにする。「英語と日本語を―・せた造語」
二つのものを照らし合わせる。「彼の発言と行動とを―・せてみる」
印刷などで、2種以上の色を重ねて別の色を出すこと。「黄と青を―・せて緑色を出す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)合(わ)せるの関連キーワード経済的厚生一代雑種

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android