コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損ねる ソコネル

2件 の用語解説(損ねるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そこ・ねる【損ねる】

[動ナ下一][文]そこ・ぬ[ナ下二]

㋐人の気持ちを傷つける。「機嫌を―・ねる」「感情を―・ねる」
㋑からだの調子を悪くする。「働きすぎて健康を―・ねる」

㋐物がこわれる。傷がつく。
「私の琵琶はちと―・ねて役に立ちませぬ」〈虎寛狂・伯養〉
㋑気持ちなどが、悪い状態になる。
「ちと機嫌が―・ねた」〈虎寛狂・子盗人
(動詞の連用形に付いて)
㋐…するのに失敗する。「買い―・ねる」
㋑…する機会を失う。「言い―・ねる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこねる【損ねる】

( 動下一 ) [文] ナ下二 そこ・ぬ
健康状態を悪くする。そこなう。 「健康を-・ねる」
人の気持ち・気分を傷つける。そこなう。 「御機嫌を-・ねる」
こわれる。損傷する。 「こけらぶきの屋根も-・ねぬうちに/浮世草子・胸算用 3
(動詞の連用形に付いて)
…するのに失敗する。そこなう。 「字を書き-・ねる」
…する機会を失う。そこなう。 「住所を聞き-・ねた」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損ねるの関連情報