コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害保険ジャパン そんがいほけんジャパン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

損害保険ジャパン
そんがいほけんジャパン

損害保険ジャパン日本興亜の前身の大手損害保険会社。安田火災海上保険日産火災海上保険が 2002年7月合併して発足した。両社合わせた正味収入保険料は 1兆円をこえ,東京海上火災保険を中心とするミレアグループ,三井住友海上火災保険とともに,国内損保業界の 3強の一角をなした。自動車保険を主力とし,第一生命保険と包括業務提携して総合保険グループを打ち出した。2002年12月,経営破綻で合併が見送られていた大成火災海上保険を吸収合併。2010年日本興亜損害保険と経営統合し,持株会社 NKSJホールディングスを設立,傘下に入る。2014年9月,日本興亜損害保険と合併して,損害保険ジャパン日本興亜に商号を変更した。(→損害保険

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

損害保険ジャパン
そんがいほけんじゃぱん

損害保険会社の旧名称。2010年(平成22)に日本興亜損害保険と経営統合し、現在はSOMPOホールディングス株式会社の主要子会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社。2002年7月に安田火災海上保険(1887年設立)と日産火災海上保険(1911年設立)が合併して誕生した。2008年3月時点の総資産約5兆3885億円、正味保険料約1兆3450億円、従業員数1万6095。資本金700億円(2008)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

損害保険ジャパンの関連情報