撃剣(読み)げきけん

精選版 日本国語大辞典 「撃剣」の意味・読み・例文・類語

げき‐けん【撃剣】

〘名〙 (「げっけん」とも) 刀剣、または竹刀木刀で身を守り、敵を討つ術。また、その稽古試合剣術剣道
読本椿説弓張月(1807‐11)残「撃剣(ゲキケン)槍法勇を奮って、堅(かたき)を破り、鋭(とき)を砕き」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「霜の暁の撃剣、柔術夜中の競走登山などが盛に行はれ」 〔史記‐司馬相如伝〕

げっ‐けん ゲキ‥【撃剣】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「撃剣」の意味・読み・例文・類語

げっ‐けん〔ゲキ‐〕【撃剣】

刀剣・木刀・竹刀しない相手うち自分を守る武術。剣術。げきけん。

げき‐けん【撃剣】

げっけん(撃剣)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「撃剣」の読み・字形・画数・意味

【撃剣】げきけん

剣術。〔史記、司馬相如伝〕少(わか)き時讀書を好み、劍を學ぶ。犬子と名(なづ)く。~相如(りんしやうじよ)の人と爲りをひ、名を相如と(あらた)む。

字通「撃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の撃剣の言及

【剣道】より

…平安時代から鎌倉時代ころは〈太刀打(たちうち)〉,室町時代後期から江戸時代初期にかけては〈兵法(ひようほう)〉が多く用いられたが,江戸時代は〈剣術〉が最も多く,ほかに〈剣法〉〈刀法〉〈剣技〉などの名称も用いられた。明治時代は〈撃剣(げつけん)〉が多く用いられるようになる。大正時代になって〈撃剣〉から〈剣道〉が中心になり,昭和に入ってからは〈剣道〉以外の名称はほとんど用いられなくなった。…

※「撃剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android