擬人(読み)ギジン

大辞林 第三版の解説

ぎじん【擬人】

人間でないものを、人間のように見立てること。
人間でないものに法律上の人格を付与すること。また、その人格。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ‐じん【擬人】

〘名〙
① 動植物や事物など、人間でないものを人間になぞらえて表現すること。人間でないものを、人間のように見たてること。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「仏教の諸仏、基督教の神父など、皆擬人なるをもての故に」
② 法律で、人間でないものに、法律上の人格を与えること。また、その人格。法人。
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉六「国家及び法律を擬人して問を設け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擬人の関連情報