擬人(読み)ぎじん

精選版 日本国語大辞典「擬人」の解説

ぎ‐じん【擬人】

〘名〙
① 動植物や事物など、人間でないものを人間になぞらえて表現すること。人間でないものを、人間のように見たてること。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「仏教の諸仏、基督教の神父など、皆擬人なるをもての故に」
法律で、人間でないものに、法律上の人格を与えること。また、その人格。法人。
※法窓夜話(1916)〈穂積陳重〉六「国家及び法律を擬人して問を設け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android