例えば(読み)タトエバ

デジタル大辞泉「例えば」の解説

たとえ‐ば〔たとへ‐〕【例えば】

[副]
前に述べた事柄に対して具体的な例をあげて説明するときに用いる語。例をあげていえば。「球技例えば野球やテニスが好きだ」
多く「ようだ」「ごとし」を伴って、ある事柄を他の事にたとえるときに用いる語。あたかも。「君の勉強は、例えば春の雪のようで、一向に結果が積み重ならない」
ある場合を仮定するときに用いる語。もしも。仮に。「例えばここが外国なら」「これは例えばの話だがね」
てっとり早く言うと。端的に言えば。
「―日本国二人の将軍と言はればや」〈平家・六〉
[類語]擬人たとえ比喩形容象徴比況縮図直喩明喩隠喩暗喩諷喩・寓喩・提喩換喩・声喩・メタファーアレゴリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android