コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提喩 ていゆsynecdoche

翻訳|synecdoche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

提喩
ていゆ
synecdoche

の一種。全体や類を表わす言葉で部分や特殊なものを表わしたり (例:平安時代にただ「花」といって桜の花をさした) ,逆に部分や特殊なものを表わす言葉で全体や類をさしたり (例:hands〈手〉といって workmen〈労働者〉をさす) する方法。隠喩換喩と同様に,提喩も単語の意味の変化を引起すことがある。英語の town (町) は本来囲いの意味であり,それがその囲いを含む町全体をさすようになった。また,「宮」は本来「御屋」で家の敬語だったのが,次第に特殊化されて神社をさすにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐ゆ【提喩】

比喩法の一。全体と部分との関係に基づき、「花」(全体)で「桜」(部分)を、「小町」(部分)で「美人」(全体)を表現する類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていゆ【提喩】

比喩法の一。全体的・総称的語で部分的・特称的意義を表したり、部分的・特称的語で全体的・総称的意義を表す方法。例えば、「太閤」で「豊太閤」(豊臣秀吉)、「山やま」で「比叡山」を示すのは前者の例、「小町」で「美人」の意を表すのは後者の例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の提喩の言及

【比喩】より

…そういう多様な〈ことばのあや〉のうちで,とくに語の意味を変様させる表現形式は〈転義trope〉と呼ばれ,特別あつかいで詳細に研究されていた。〈転義〉は,後述するような隠喩,換喩,提喩,諷喩などを一括する総称であり,結果的には〈比喩〉ときわめて近い用語である。何かを何かになぞらえるという趣旨の〈比喩〉と,語の意味を転じてもちいるという趣旨の〈転義〉は,概念のなりたちは異なるけれど,実際にはほとんど同じ言語現象をさしているし,じっさい,現代日本語としての〈比喩〉もまた,たいていは直喩や隠喩,換喩などに分類されて説明される。…

※「提喩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

提喩の関連キーワードジュネット比喩・譬喩豊臣秀吉比叡山修辞学豊太閤提喩法比喩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android