提喩(読み)ていゆ(英語表記)synecdoche

翻訳|synecdoche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一種全体や類を表わす言葉で部分や特殊なものを表わしたり (例:平安時代にただ「花」といっての花をさした) ,逆に部分や特殊なものを表わす言葉で全体や類をさしたり (例:hands〈手〉といって workmen〈労働者〉をさす) する方法。隠喩換喩と同様に,提喩も単語の意味の変化を引起すことがある。英語の town (町) は本来,囲いの意味であり,それがその囲いを含む町全体をさすようになった。また,「宮」は本来「御屋」で家の敬語だったのが,次第に特殊化されて神社をさすにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の提喩の言及

【比喩】より

…そういう多様な〈ことばのあや〉のうちで,とくに語の意味を変様させる表現形式は〈転義trope〉と呼ばれ,特別あつかいで詳細に研究されていた。〈転義〉は,後述するような隠喩,換喩,提喩,諷喩などを一括する総称であり,結果的には〈比喩〉ときわめて近い用語である。何かを何かになぞらえるという趣旨の〈比喩〉と,語の意味を転じてもちいるという趣旨の〈転義〉は,概念のなりたちは異なるけれど,実際にはほとんど同じ言語現象をさしているし,じっさい,現代日本語としての〈比喩〉もまた,たいていは直喩や隠喩,換喩などに分類されて説明される。…

※「提喩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android