コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支那学 シナガク

世界大百科事典内の支那学の言及

【中国学】より

…つまり中国の歴史,宗教,哲学,学術,言語,文学,美術,民族などの研究や,政治,経済,法制,社会などの歴史的研究が中国学であって,中国の地質,気象,動物,植物,鉱物などの研究や,政治,経済,法制,社会などの現状の記述や調査は中国学の範囲に入らない。中国学という呼称は,従来は支那学とよばれてきて,今もその名称が使われることもあり,元来は西洋とくにフランスで18世紀に起こったシノロジーsinologieの訳語であった。この学風の実質は,中国本土においても存在し,これを国学あるいは漢学と称したが,20世紀に入って日本の京都で栄えた中国に関する学派が,狩野直喜(かのなおき),内藤湖南を中心に哲学,文学,史学の研究者,学生を網羅した支那学会という学会をつくり,その分派として雑誌《支那学》を編集発行する同人の集りを支那学社と称したのは,西洋のシノロジーを意識してのことであった。…

※「支那学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

支那学の関連キーワードフリードリヒ ヒルト服部 宇之吉石浜 純太郎本田 成之宮島 詠士長井 金風狩野 直喜石浜純太郎小島 祐馬内藤 湖南駿足・俊足シノロジー本田蔭軒青木正児東洋史学狩野直喜本田成之小島祐馬秦慧玉ヒルト

支那学の関連情報