コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木正児 あおきまさる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木正児
あおきまさる

[生]1887. 下関
[没]1964. 京都
中国文学者。京都大学狩野直喜鈴木虎雄に学び,東北大学などを経て京都大学教授。 1920年に雑誌『支那学』を創刊し,いち早く魯迅らによる中国の文学革命を紹介する。戯曲史研究の名著『支那近世戯曲史』 (1930) をはじめ,『支那文学思想史』 (43) 『清代文学評論史』 (50) などの専門書に加えて,『中華名物考』『琴棋書画』などの趣味,名物学や,『江南春』などの随筆もあり,書画や音楽もよくする文人として知られた。全集 10巻がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおき‐まさる〔あをき‐〕【青木正児】

[1887~1964]中国文学者。山口の生まれ。東北大・京大などで中国文学を講じ、中国の文学・戯曲・書画・飲食風俗などに関する論考を残す。著書に「支那文学思想史」「支那近世戯曲史」「中華名物考」「琴棊書画(きんきしょが)」「華国風味」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青木正児【あおきまさる】

中国文学者。山口県に生まれる。明・清の戯曲を論じた《支那近世戯曲史》,歴代の文学・音楽・美術などを論じた《支那文学芸術考》は,中国芸術研究上有名で,その風格ある文体は定評がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木正児 あおき-まさる

1887-1964 大正-昭和時代の中国文学者。
明治20年2月14日生まれ。狩野直喜(かの-なおき),鈴木虎雄らにまなぶ。大正9年に小島祐馬(おじま-すけま),本田成之(しげゆき)らと「支那学」を創刊。東北帝大や母校京都帝大の教授をつとめ,中国の文学,演劇,音楽,書画,風俗を研究した。昭和39年12月2日死去。77歳。山口県出身。号は迷陽。著作に「清代文学評論史」「中華名物考」など。
【格言など】「茶酒論」以前の酒に対する抗議を見るに,それは下戸(げこ)が上戸(じょうご)へのおかやきが原因である(「抱樽酒話」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あおきまさる【青木正児】

1887‐1964(明治20‐昭和39)
下関市に生まれ,第五高等学校を経て京都大学に進み,狩野(かの)直喜,鈴木虎雄に師事,特に中国演劇の研究に励み,のち《支那近世戯曲史》(1930)を大成した。その後,東北大学,京都大学で教え,文学のほか書画,民俗にもわたる独創的な著述が多く,また滋味豊かな随筆によって文人の本領を見せた。謹厳と磊落(らいらく)の両面を備えた人柄の魅力は全著作を裏打ちしている。全集10巻(1970‐75)がある。【入矢 義高】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおきまさる【青木正児】

1887~1964) 中国文学者。山口県生まれ。京大卒。中国の文学・戯曲などのほか書画・風俗などの論考を残す。著「支那文学思想史」「支那近世戯曲史」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木正児
あおきまさる
(1887―1964)

中国文学者。号は迷陽(めいよう)。山口県下関に生まれる。京都帝国大学文科の狩野直喜(かのなおき)、幸田露伴(ろはん)に師事、1920年(大正9)小島祐馬(おじますけま)、本田成之(しげゆき)らと雑誌『支那(しな)学』を創刊、「京都シナ学」の形成に寄与した。東北大学、京都大学教授を歴任、定年後は山口大学、立命館大学に講じて没年に及んだ。著書に、中国語訳になった明清(みんしん)演劇史の研究『支那近世戯曲史』や、文芸思想研究の『支那文学思想史』『清代文学評論史』のほか、中国古典に関する注釈や書画、音楽などの芸術論から酒茶、食品に及ぶ博大な名物考証風の論考を残し、精深な中国理解を示した。[戸川芳郎]
『『青木正児全集』全10巻(1969~1975・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青木正児の関連キーワード青木 正児2月14日小島 祐馬吉川幸次郎中国菓子神仙思想岡崎文夫本田蔭軒琵琶記白蛇伝張恵言桐城派白兎記拝月亭青木李白袁枚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android