コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野直喜 かのうなおき

9件 の用語解説(狩野直喜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野直喜
かのうなおき

[生]明治1(1868).2.11. 熊本
[没]1947.12.13. 京都
中国文学者。号は君山。従来の日本儒学が宋学を祖述したのに対して清朝の考証学を継ぎ,また 19世紀ヨーロッパの中国研究を紹介した。さらに戯曲史,小説史研究の創始者。 1906年京都帝国大学文科大学開設委員,28年まで同大学教授,さらに学士院会員,東方文化研究所所長を歴任し,44年文化勲章受章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かの‐なおき〔‐なほキ〕【狩野直喜】

[1868~1947]中国文学・哲学研究者。熊本の生まれ。京大教授。元曲敦煌(とんこう)文書を研究。文化勲章受章。著「中国哲学史」「支那学文叢」など。かのうなおき。

かのう‐なおき〔‐なほキ〕【狩野直喜】

かのなおき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狩野直喜【かのなおき】

中国文学・中国哲学者。熊本市出身。1906年京大教授。哲学では清朝考証学の方法をとり,文学では元曲など口語文学の研究を創始。門下から小島祐馬倉石武四郎吉川幸次郎らが輩出。
→関連項目宮崎市定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野直喜 かの-なおき

1868-1947 明治-昭和時代の中国学者。
慶応4年1月18日生まれ。島田篁村(こうそん)にまなび,北京に留学後,明治39年京都帝大教授となる。王国維やフランス人ペリオらとまじわり,中国の戯曲・小説や敦煌(とんこう)文書を研究した。昭和19年文化勲章。昭和22年12月13日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。号は君山。著作に「支那学文藪(ぶんそう)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かのなおき【狩野直喜】

1868‐1947(明治1‐昭和22)
中国文学および哲学の専門家。号は君山,半農人など。熊本の出身。東京帝大漢学科卒業。1906年から28年まで京都帝大文学部の教授として,支那哲学史と支那語学文学の講座を担当。退官後,東方文化学院京都研究所(京大人文科学研究所東方部の前身)の初代所長。清朝経学の実証的方法を祖述するとともに,ヨーロッパのシナ学を紹介した最初の一人であり,戯曲史,小説史の研究や敦煌文書の研究でも開拓者であった。漢詩文および書をもよくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのうなおき【狩野直喜】

かのなおき【狩野直喜】

1868~1947) 中国哲学・文学研究者。熊本県生まれ。京大教授。号、君山・半農人。経学けいがくでは清朝考証学を祖述し、文学では戯曲・小説を研究。また、敦煌文書を調査し、宋学中心の旧来の中国学に新風を吹き込む。著「支那学文藪」「読書籑餘」「中国哲学史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野直喜
かのなおき
(1868―1947)

大正~昭和初期の中国学者。字(あざな)は子温(しおん)。君山と号する。慶応(けいおう)4年正月18日、熊本に生まれる。済済黌(せいせいこう)を卒業後、帝国大学文科大学(東京大学の前身)漢学科に入学、島田篁村(しまだこうそん)に師事し、1895年(明治28)卒業。1900年(明治33)北京(ペキン)に留学、義和団事件にあう。1906年京都帝国大学文科大学教授に任ぜられ、1928年(昭和3)定年退官に至るまで、支那(しな)哲学史あるいは支那語学支那文学講座を担当、この間、文学博士、帝国学士院会員となる。退官後、東方文化学院京都研究所(京都大学人文科学研究所の前身)所長に就任。1944年文化勲章を授けられた。昭和22年12月23日、京都の自宅にて没。墓所は金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の文殊塔そばにある。中国の羅振玉(らしんぎょく/ルオチュンユイ)、王国維(おうこくい/ワンクオウェイ)やフランスのペリオなど外国の学者と親交があり、経学では清朝(しんちょう)考証学を祖述し、文学では戯曲・小説の研究や敦煌(とんこう)文書の調査など、日本の中国学に新風を吹き込んだ功績は大きい。[清水 茂]
『『中国哲学史』(1953・岩波書店) ▽『支那学文藪』(1973・みすず書房) ▽『讀書余』(1980・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狩野直喜の関連キーワード狩野君山国文学中国文学国文専門家中文先秦文学《国文学の発生》《純粋現象学および現象学的哲学のための諸構想》《哲学および現象学研究年報》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野直喜の関連情報