狩野直喜(読み)かのうなおき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野直喜
かのうなおき

[生]明治1(1868).2.11. 熊本
[没]1947.12.13. 京都
国文学者。号は君山。従来の日本儒学が宋学を祖述したのに対して清朝考証学を継ぎ,また 19世紀ヨーロッパの中国研究を紹介した。さらに戯曲史,小説史研究の創始者。 1906年京都帝国大学文科大学開設委員,28年まで同大学教授,さらに学士院会員,東方文化研究所所長を歴任し,44年文化勲章受章。著書に『支那学文藪』『読書さん余』『中国哲学史』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

狩野直喜【かのなおき】

中国文学・中国哲学者。熊本市出身。1906年京大教授。哲学では清朝考証学の方法をとり,文学では元曲など口語文学の研究を創始。門下から小島祐馬倉石武四郎吉川幸次郎らが輩出。著書《支那学文藪》《中国哲学史》。1944年文化勲章。
→関連項目宮崎市定

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野直喜 かの-なおき

1868-1947 明治-昭和時代の中国学者。
慶応4年1月18日生まれ。島田篁村(こうそん)にまなび,北京に留学後,明治39年京都帝大教授となる。王国維やフランス人ペリオらとまじわり,中国の戯曲・小説や敦煌(とんこう)文書を研究した。昭和19年文化勲章。昭和22年12月13日死去。80歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。号は君山。著作に「支那学文藪(ぶんそう)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かのなおき【狩野直喜】

1868‐1947(明治1‐昭和22)
中国文学および哲学の専門家。号は君山,半農人など。熊本の出身。東京帝大漢学科卒業。1906年から28年まで京都帝大文学部の教授として,支那哲学史と支那語学文学の講座を担当。退官後,東方文化学院京都研究所(京大人文科学研究所東方部の前身)の初代所長。清朝経学の実証的方法を祖述するとともに,ヨーロッパのシナ学を紹介した最初の一人であり,戯曲史,小説史の研究や敦煌文書の研究でも開拓者であった。漢詩文および書をもよくした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かのうなおき【狩野直喜】

かのなおき【狩野直喜】

1868~1947) 中国哲学・文学研究者。熊本県生まれ。京大教授。号、君山・半農人。経学けいがくでは清朝考証学を祖述し、文学では戯曲・小説を研究。また、敦煌文書を調査し、宋学中心の旧来の中国学に新風を吹き込む。著「支那学文藪」「読書籑餘」「中国哲学史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野直喜
かのなおき
(1868―1947)

大正~昭和初期の中国学者。字(あざな)は子温(しおん)。君山と号する。慶応(けいおう)4年正月18日、熊本に生まれる。済済黌(せいせいこう)を卒業後、帝国大学文科大学(東京大学文学部の前身)漢学科に入学、島田篁村(しまだこうそん)に師事し、1895年(明治28)卒業。1900年(明治33)北京(ペキン)に留学、義和団事件にあう。1906年京都帝国大学文科大学教授に任ぜられ、1928年(昭和3)定年退官に至るまで、支那(しな)哲学史あるいは支那語学支那文学講座を担当、この間、文学博士、帝国学士院会員となる。退官後、東方文化学院京都研究所(京都大学人文科学研究所の前身)所長に就任。1944年文化勲章を授けられた。昭和22年12月23日、京都の自宅にて没。墓所は金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の文殊塔そばにある。中国の羅振玉(らしんぎょく/ルオチュンユイ)、王国維(おうこくい/ワンクオウェイ)やフランスのペリオなど外国の学者と親交があり、経学では清朝(しんちょう)考証学を祖述し、文学では戯曲・小説の研究や敦煌(とんこう)文書の調査など、日本の中国学に新風を吹き込んだ功績は大きい。[清水 茂]
『『中国哲学史』(1953・岩波書店) ▽『支那学文藪』(1973・みすず書房) ▽『讀書余』(1980・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かのう‐なおき【狩野直喜】

漢学者。文学博士。熊本県出身。東京帝国大学卒。京都帝国大学教授。京都支那学の祖。清の実証学を継ぎ、とくに元曲、敦煌(とんこう)文書などの新分野を開く。文化勲章受章。主著「中国哲学史」「支那学文藪」など。明治元~昭和二二年(一八六八‐一九四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩野直喜の関連情報