コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射性医薬品 ホウシャセイイヤクヒン

3件 の用語解説(放射性医薬品の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせい‐いやくひん〔ハウシヤセイ‐〕【放射性医薬品】

放射線を放出する医薬品放射性同位元素から放出される放射線を利用して、診断や治療を行う。医療用アイソトープ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射性医薬品

特定の臓器や細胞に集まりやすい薬に微量の放射性同位元素(RI)を組み合わせたもの。静脈注射などで体内に入れ、薬が放つ放射線を撮影する。患者に苦痛なく、乳がん前立腺がんの転移や腎機能の診断などができる。全国約1300の医療機関で年間100万件使われている。

(2009-10-30 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射性医薬品
ほうしゃせいいやくひん
radiopharmaceuticals

放射性核種を含んだ無機化合物か、もしくは放射性核種共有結合キレートまたはその他の何らかの形で放射性核種と結合した化学物質標識化合物)であり、それぞれの核種が放出する放射線を利用して病気の診断や治療に用いられる薬剤。具体的には放射性医薬品の製造及び取扱い規則に掲げられた放射性核種の化合物およびその製剤で、
(1)日本薬局方および放射性医薬品基準に収載されている品目
(2)診断または治療の目的で人体に適用するものであって、厚生労働大臣の製造もしくは輸入承認を受けた医薬品
である。放射性医薬品及び取扱い規則には次の67の放射性核種がしめされている。
3H, 11C, 14C, 13N, 15O, 18F, 22Na, 24Na, 32P, 35S, 42K, 43K, 45Ca, 47Ca, 51Cr, 52Mn, 52Fe, 55Fe, 59Fe, 57Co, 58Co, 60Co, 64Cu, 65Zn, 67Ga, 68Ga, 72Ga, 68Ge, 74As, 76As, 75Se, 82Br, 81mKr, 85Kr, 81Rb, 86Rb, 85Sr, 87mSr, 89Sr, 90Sr, 87Y, 90Y, 99Co, 99mTc, 111Ag, 111In, 113mIn, 113Sn, 132Te, 123I, 125I, 131I, 132I, 133Xe, 131Cs, 157Dy, 169Yb, 177Lu, 182Ta, 192Ir, 198Au, 199Au, 197Hg, 203Hg, 201Tl, 222Rn, 226Ra
 第十五改正日本薬局方には10品目、放射性医薬品基準には33品目が収載されている。日本薬局方収載品目は次のとおりである。
クロム酸ナトリウム(51Cr)注射液、クエン酸ガリウム(67Ga)注射液、過テクネチウム酸ナトリウム(99mTc)注射液、塩化インジウム(111In)注射液、ヨウ化ナトリウム(123I)カプセル、ヨウ化ナトリウム(131I)液、ヨウ化ナトリウム(131I)カプセル、ヨウ化人血清アルブミン(131I)注射液、ヨウ化ヒプル酸ナトリウム(131I)注射液、塩化タリウム(201Tl)注射液
 放射性医薬品の一般の医薬品と異なる点は、診断や治療の手段として放射線を利用するもので、用いられる物質量は極めて微量であり、取扱い上、放射能表示に検定日または検定日における放射能が記載されること、放射能標識、有効期間の表示が要求されていることなどである。[幸保文治]
『日本薬局方解説書編集委員会編『第十五改正 日本薬局方解説書』(2006・広川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の放射性医薬品の言及

【核医学】より

… 核医学の分野における治療には,甲状腺の機能亢進症や,癌に対するものなどがあり,通常,RIを体内に投与して治療がなされる。 これら核医学の分野において用いられるRIは,とくに〈放射性医薬品〉として一般のRIと区別されており,次のような特徴を有する。(1)放射性核種であり通常,γ線放出核種が多い,(2)放射能の減衰という性質のため,有効期限がある,(3)一般に薬理作用をもたない,(4)臓器等の診断に用いる場合は対象臓器に集積される臓器親和性を有する,(5)トレーサーとしての性質を有する,(6)被曝線量が少ない,(7)適当な比放射能を有する,(8)放射線障害防止上,購入,使用,貯蔵,廃棄等の厳重な記録および管理がなされる,ことなどである。…

※「放射性医薬品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

放射性医薬品の関連キーワード漁礁小腸移植会座臓器療法親和性死体移植前駆細胞血色症超微量分析iPS細胞とES細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射性医薬品の関連情報