コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放電箱 ホウデンバコ

4件 の用語解説(放電箱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうでん‐ばこ〔ハウデン‐〕【放電箱】

荷電粒子の飛跡を検出する装置。ネオンヘリウム、またはアルゴンなどの不活性ガスを箱の中に封入し、高い電圧をかけた二つの電極で挟みこんだもの。荷電粒子の進路に沿って放電が生じるため、その飛跡を観測することができる。昭和34年(1959)に福井崇時と宮本重徳が発明。主に宇宙線の観測に用いられる。スパークチェンバー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

放電箱【ほうでんばこ】

スパークチェンバー。荷電粒子の飛跡を検出する装置の一つ。間隔1cm程度の平行金属板の間に,アルゴンなどの不活性ガスを充てんした容器を挿入しておく。荷電粒子が通過した直後に金属板に持続時間の短い高電圧パルスをかけると,粒子が通過しイオンができたところだけ放電が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうでんばこ【放電箱 spark chamber】

荷電粒子を検出する装置の一種。1959年に福井崇時と宮本重徳により実用化された。一般に約1cm厚の透明なアクリル樹脂の枠をはさむ何枚かの平面電極から構成され,電極間にアルゴンなどの不活性ガスが充てんされている。放電箱に荷電粒子が入射したという情報が得られたときに,電極に交互に正負の高電圧を印加すれば,粒子の通過した場所に存在する電離された電子により電極間に放電が起こり,粒子の飛跡が電極間の放電として可視化される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放電箱
ほうでんばこ

スパークチェンバー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放電箱の関連キーワード泡箱ウィルソンの霧箱霧箱検出器蓄積リング荷電粒子貯蔵リング熱イオン放出検出器デバイ距離荷電粒子ビーム兵器

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone