コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵味方識別装置 てきみかたしきべつそうち identification of friend or foe; IFF

3件 の用語解説(敵味方識別装置の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敵味方識別装置
てきみかたしきべつそうち
identification of friend or foe; IFF

軍用機に対して電波を送り,機に搭載された送信機が自動的に作動して電波で送り返してくるおのおの異なった信号によって,敵味方を識別する装置。早期警戒装置に組み込まれている。その他,艦対艦,艦対空味方識別装置があり,赤外線,色別などのものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

敵味方識別装置【てきみかたしきべつそうち】

identification friend or foeの訳。略してIFFレーダー組み合わせて目標を識別する装置で,地上装置から符号化した質問電波を発射すると,機上の応答装置は質問に応じた符号電波を打ち返してスコープ上のエコーのわきに識別符号を同時に表示する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てきみかたしきべつそうち【敵味方識別装置 identification friend or foe】

IFFと略す。地上部隊や艦船などから航空機や艦船などに対し捜索用レーダーと連動した符号電波を使って質問・応答を行い,その応答信号の有無および内容から敵味方を識別する無線装置で,2次レーダーの一種。この装置の原形は第2次大戦中の1940年ころイギリスで開発され実戦に使われた。現在,日本をはじめ西側諸国で使用している方式は,50年ころから秘匿性の向上と味方航空機や艦船などに対する個別の選択識別性を向上するためSIF(selective identification feature)機能を付加したもので,SIF装置と呼ばれることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敵味方識別装置の関連キーワード空挺ゴナドトロピン司令官戦列不沈空中機動降下部隊航空隊射撃管制装置TACOMSAT

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敵味方識別装置の関連情報