コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵討襤褸錦 かたきうちつづれのにしき

2件 の用語解説(敵討襤褸錦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かたきうちつづれのにしき【敵討襤褸錦】

(1)人形浄瑠璃時代物。3巻。文耕堂三好松洛の合作。1736年(元文1)5月大坂竹本座初演。寛文期(1661‐73)の初世荒木与次兵衛に始まり享保期(1716‐36)の初世姉川新四郎に継承された歌舞伎狂言《非人敵討(ひにんのかたきうち)》を浄瑠璃化したもの。備後藩中の春藤次郎右衛門・新七の兄弟が非人に身を落として父の敵をねらい,大和郡山で本懐を達するまでの経緯を描いた作品。寒さのために体を痛めて足腰の立たなくなった次郎右衛門が,親重代の名刀青江下坂を人々に示してその気概を表したり,就寝中を襲われて危うく返討に遭いかかったりするという見せ場に富んだ〈大安寺堤の段〉(下之巻)が名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敵討襤褸錦
かたきうちつづれのにしき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。3段。文耕堂(ぶんこうどう)・三好松洛(みよししょうらく)合作。1736年(元文1)5月、大坂・竹本座初演。荒木与次兵衛や姉川新四郎の演じた歌舞伎(かぶき)狂言『非人の仇討(あだうち)』(1664。福井弥五左衛門作)が評判になったので、これを浄瑠璃に仕組んだもの。下の巻「大晏寺堤(だいあんじづつみ)」が眼目。春藤次郎右衛門(しゅんどうじろうえもん)は父の仇(あだ)須藤六郎右衛門と彦坂甚六を尋ねて流浪するうち足が立たなくなり、弟新七とともに大晏寺堤の非人小屋に住む。新七の留守中、高市(たかいち)武右衛門が加村宇田右衛門とともに刀の試し斬(ぎ)りにくるが、次郎右衛門の大望を知り、思い直して帰る。しかし、加村は須藤・彦坂の味方であったので、2人を手引きしてふたたび小屋を襲う。春藤は深傷(ふかで)を負うが、おりから帰ってきた新七と高市の助力により本懐を遂げる。敵討の悲惨な面を描き、後世の『天下茶屋(てんがぢゃや)』に影響を与えた佳作。歌舞伎にも逆輸入され、とくに春藤が高市・加村に仕込杖(しこみづえ)の青江下坂(あおえしもさか)の刀を見せて気概を示すところが中心。なお、人形浄瑠璃では、春藤たちが仇討に出立する中の巻「春藤屋敷」を上演することもある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の敵討襤褸錦の言及

【文耕堂】より

…初期は長谷川千四との合作が多く,30年の《三浦大助紅梅靮》,同じく《須磨都源平躑躅(すまのみやこげんぺいつつじ)》,31年9月の《鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりやくのまき)》,32年9月の《壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)》などがあり,現在も人形浄瑠璃,歌舞伎ともに上演されることが多い。ほかに,三好松洛との合作として36年(元文1)5月の《敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)》,37年1月の《御所桜堀川夜討(ごしよざくらほりかわようち)》,38年1月の《行平磯馴松(ゆきひらそなれまつ)》がある。竹田出雲との合作には,38年8月《小栗判官車街道(おぐりはんがんくるまかいどう)》,39年4月の《ひらかな盛衰記》,40年7月の《将門冠合戦(まさかどかむりがつせん)》などがある。…

※「敵討襤褸錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敵討襤褸錦の関連キーワード景事人形浄瑠璃文耕堂操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃松田文耕堂内海繁太郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone