コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学館 ぶんがくかん

1件 の用語解説(文学館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくかん【文学館】

文学関係の各種資料や遺品,旧蔵書などを収蔵・公開するミュージアム。古典関係の文献は早くから大学・県立・市立図書館はじめ,宮内庁書陵部静嘉堂文庫尊経閣文庫など全国各地の文庫に収集保存されてきたが,近代文学関東大震災や戦災,あるいはしばしば発売禁止にあうなどで散逸がはなはだしく,わずかに東大の明治新聞雑誌文庫のほかは徳冨蘆花島崎藤村小泉八雲樋口一葉石川啄木らの記念文学館がそれぞれゆかりの地にあった程度で,とくにプロレタリア文学関係資料などは惨憺たる状態だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文学館の関連キーワードブランド関係の質蔵書電気工学文庫遺品旧蔵蔵書印MRC森林・林業研修資料館遺品整理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文学館の関連情報