コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文書毀棄罪 ブンショキキザイ

百科事典マイペディアの解説

文書毀棄罪【ぶんしょききざい】

文書や電磁的記録効用を害する一切の行為をした罪(刑法258条以下)。文書の内容または署名を抹消すること,隠匿してその使用を妨げる行為も含む。刑は,公務所用文書(公文書)の場合は3月以上7年以下の懲役私文書の場合(親告罪)は5年以下の懲役。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょききざい【文書毀棄罪】

一定範囲の文書と電磁的記録とを毀棄対象とする罪の総称。1987年の刑法改正法により電磁的記録(刑法7条の2)も客体に含められた。公務所の用に供する文書および電磁的記録,すなわち,名義人等を問わず,公務所で使用中または使用目的で保管中の文書・電磁的記録を毀棄する罪(公用文書等毀棄罪,刑は3ヵ月以上7年以下の懲役,258条)と,権利義務に関する他人の文書および電磁的記録,すなわち,権利・義務の存否,変動等を証明する他人所有の文書(有価証券を含む)・電磁的記録を毀棄する罪(私用文書等毀棄罪,5年以下の懲役,259条。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんしょききざい【文書毀棄罪】

公務所の用に供する文書または権利・義務に関する他人の文書・電磁的記録を毀棄する犯罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文書毀棄罪の関連キーワード建造物損壊罪器物損壊罪犯罪

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android