コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波義廉 しばよしかど

7件 の用語解説(斯波義廉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斯波義廉
しばよしかど

室町時代中期の武将。渋川義鏡の子。長禄3 (1459) 年斯波義敏が将軍足利義政に退けられて周防に出奔したのち斯波氏を継ぎ,治部大輔となり,尾張,越前,遠江3国の守護に任じられた。文正1 (66) 年,義政は3国の守護職を再び義敏に与えたが,山名宗全 (義廉の妻の父) ,一色義直らが義廉を支持したため,やがて義廉を3国の守護に還補した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しば‐よしかど【斯波義廉】

室町中期の武将。室町幕府の管領。斯波氏を継いで、越前・尾張・遠江(とおとうみ)の守護職となった。のち、義敏と家督を争い、応仁の乱の一因を作った。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波義廉 しば-よしかど

?-? 室町時代の武将。
渋川義鏡(よしかね)の子。寛正(かんしょう)2年(1461)将軍足利義政(よしまさ)の命により斯波家をつぎ,越前(えちぜん)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)の守護となる。山名持豊の推挙で文正(ぶんしょう)2年管領(かんれい)につく。家督をめぐり斯波義敏(よしとし)と対立,応仁の乱の一因となる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斯波義廉

生年:生没年不詳
室町時代の武将。渋川義鏡の子。治部大輔,左兵衛佐。斯波宗家の義敏が重臣甲斐常治らとの対立により将軍足利義政の怒りを買って失脚し,その子松王丸もまもなく廃されたあと,寛正2(1461)年同じ足利一門の渋川氏から後嗣として迎えられ,越前(福井県)・尾張(愛知県)・遠江(静岡県)3カ国の守護職を継いだ。この背景には常治亡きあと斯波氏家臣中最高の地位に上ってきた朝倉氏の意向があったと考えられる。同6年義敏の実父持種や義政の寵臣伊勢貞親の運動で義敏が許され翌年7月家督についたが,家臣の多くは義廉を支持し,同年9月義廉の舅山名宗全らが貞親を追放したので再び当主につき,応仁1(1467)年には管領に就任した。義敏が宗全と対立する細川勝元に支援を求めたことでこの家督争いは応仁の乱の一因をなしたが,重臣や将軍側近勢力の思惑に翻弄されたもので,斯波氏の権威を決定的に失墜させることになった。応仁の乱で宗全方の西軍に属した義廉は,同2年管領を罷免され,東軍の義敏討伐を名目に閏10月越前に下った朝倉孝景が東軍に寝返って,文明3(1471)年越前国守護代職を認められたことで苦境に立たされた。その後朝倉氏が義廉方にとどまった甲斐・二宮両氏らを討って同7年ほぼ越前を制圧すると,同年義廉は京都から尾張に下った。ここで守護代織田敏広に奉じられて義敏方の織田敏定と戦うなどの活動も見られるが,やがて動静は窺えなくなる。<参考文献>鈴木良一『応仁の乱』

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばよしかど【斯波義廉】

室町中期の武将。生没年未詳。渋川義鏡の子で別名義寛。1452年(享徳1)越前・尾張・遠江3ヵ国守護であった斯波義健の没後に家督を継いだ義敏が,甲斐,朝倉,織田氏らの重臣の支持を失い,60年(寛正1)大内氏を頼って周防に逃れた。翌年に斯波家の家督を継ぎ,3ヵ国守護職となった。義敏が大内氏の力を背景に一時家督を回復すると,義廉はただちに義父山名持豊を頼んで再び家督についた。この家督争いが応仁・文明の乱の一因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しばよしかど【斯波義廉】

室町・戦国時代の武将。斯波義敏のあと斯波家を継ぐが、義敏と家督争いを続け応仁の乱の一因となる。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斯波義廉
しばよしかど

生没年未詳。室町中期の管領(かんれい)。治部大輔(じぶのたいふ)、左兵衛佐(さひょうえのすけ)。渋川義鏡(しぶかわよしあき)の実子。斯波義健(よしたけ)の養嗣子(ようしし)義敏(よしとし)が重臣甲斐常治(かいつねはる)と争い、将軍義政(よしまさ)から廃せられたのち、義政の計らいで1461年(寛正2)斯波氏を継ぎ、越前(えちぜん)、尾張(おわり)、遠江(とおとうみ)の三国守護を兼ねた。やがて義政は伊勢貞親(いせさだちか)らの勧めで義敏を許し、66年(文正1)義廉の三国守護職(しき)を奪って義敏に与えたが、被官は多く義廉を支持し、義廉の母と同族の山名宗全(やまなそうぜん)(持豊(もちとよ))も加担した。貞親・義敏はいったん没落し、義廉は三国守護に復し、翌67年(応仁1)管領に任ぜられた。まもなく応仁(おうにん)の乱が起こると宗全の西軍に加わったので、翌年管領を罷免され、さらに71年(文明3)重臣朝倉孝景(たかかげ)が東軍に降(くだ)り、越前を制圧したため義廉は勢力が衰え、75年尾張に下り、織田敏広に擁せられた。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斯波義廉の言及

【応仁・文明の乱】より

…政長は屋形の引渡しを拒否するとともに,戦闘の準備に入った。8日には山名方の斯波義廉が管領に任命された。これによって,幕府との関係において畠山家の家督争いは,政長派の優位から義就派に移行したことになる。…

【尾張国】より

…1452年(享徳1)の斯波義健の死後,家督をめぐる義敏・義廉の争いは応仁の乱の一因となり,織田氏をはじめ在地勢力の分裂をひきおこした。75年(文明7)ころには越前・遠江を朝倉・今川の両氏に奪われた西軍の将斯波義廉が尾張に下り,織田敏広が守護代となった。しかし78年幕府は斯波義敏の子義良(よしすけ)を守護に,織田敏定を代に任じ,義廉・敏広らの討滅を命じた。…

【斯波氏】より

…その後,義淳,義郷,義健とつづくが,義健に嗣子がなく一族の持種の子義敏がはいって相続する。ところが義敏(斯波義敏)は守護代甲斐氏をはじめ譜代の重臣層と対立し,ついで傍系の渋川義鏡の子義廉(よしかど)(斯波義廉)が家督を継ぐに至り,斯波氏は2流に分かれ相争うこととなる。義廉,義敏はそれぞれ山名氏,伊勢氏と幕府内の有力者と連携して争ったため,これが応仁・文明の大乱の一因ともなった。…

※「斯波義廉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斯波義廉の関連情報