コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波義敏 しばよしとし

7件 の用語解説(斯波義敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斯波義敏
しばよしとし

[生]永享5(1433)
[没]永正5(1508).11.16.
室町時代中期の越前,尾張,遠江の守護大名。持種の子。左兵衛督,従三位に進んだ。享徳1 (1452) 年9月斯波義健が没したあと,惣領家を継いだ。康正2 (56) 年権臣甲斐常治と争い,長禄2 (58) 年山城東光寺に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しば‐よしとし【斯波義敏】

[1435~1508]室町中期の武将。斯波義健(しばよしたけ)の没後その養子となったが、重臣の朝倉・織田らと合わず、家督を退けられた。のち、義廉(よしかど)と家督を争い、応仁の乱の一因を作った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波義敏 しば-よしとし

1435-1508 室町-戦国時代の武将。
永享7年生まれ。斯波義健(よしたけ)の没後,一族からむかえられ越前(えちぜん)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)の守護となる。重臣の甲斐常治(かい-つねはる)と対立し,長禄(ちょうろく)3年(1459)3国の守護を罷免され,周防(すおう)(山口県)の大内氏をたよる。のち斯波氏をついだ斯波義廉(よしかど)と対立,応仁(おうにん)の乱の一因となった。永正(えいしょう)5年11月16日死去。74歳。本姓は大野。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斯波義敏

没年:永正5.11.16(1508.12.8)
生年:永享9(1437)
室町時代の武将。持種の子。左兵衛佐,左兵衛督。享徳1(1452)年斯波宗家の義健が嗣子のないまま没したため養子に迎えられ,越前(福井県)・尾張(愛知県)・遠江(静岡県)3カ国の守護職を継ぐ。斯波家の宿老甲斐常治と対立し,康正2(1456)年常治の専横を幕府に訴えるがかえって敗れ,斯波家臣を二分しての両派の抗争は長禄2(1458)年越前一国におよぶ合戦に発展した。翌年将軍足利義政から関東出陣を命じられると,義敏は京都を出てそのまま越前敦賀に甲斐勢を攻めるが,敗れる。そのうえ幕府からは家督を追われたため,大内氏を頼って周防(山口県)に下った。跡を継いだ子の松王丸(義良)も寛正2(1461)年退けられて渋川氏から義廉が迎えられたが,持種の伊勢貞親ら義政寵臣への働きかけにより,文正1(1466)年7月家督の奪還に成功した。しかし,9月貞親らが失脚すると,家督は再び義廉に移る。応仁の乱が始まると細川勝元率いる東軍に加わり,応仁1(1467)年5月越前に下って義廉方を圧迫した。翌年義廉のもと山名宗全率いる西軍にあった朝倉孝景が東軍に寝返ったが,義敏は孝景と共同行動をとることを拒み,父祖以来の本拠大野郡で二宮氏と共に抵抗を続けた。しかし,文明7(1475)年土橋城(大野市)を出て朝倉氏の手で京都に送られる。以後子の義良が甲斐・二宮氏らに擁されて越前侵攻を試みたがいずれも失敗し,同15年尾張に下った。『新撰G7EDF玖波集』に連歌7首が入っている。<参考文献>鈴木良一『応仁の乱』

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばよしとし【斯波義敏】

1435?‐1508(永享7?‐永正5)
室町後期の武将。斯波持種の子。法名道海。1452年(享徳1)斯波義健の没後,惣領家の家督を継ぎ,越前・尾張・遠江3ヵ国の守護となった。しかしその地位は,重臣甲斐常治らとの対立によって安定せず,加えて幕府の関東派兵要請に応じられなかったため,60年(寛正1)守護職を没収され,周防に下った。61年斯波家の家督を義廉に替わられた。66年(文正1)大内氏の助力によって3ヵ国守護職を回復するが,山名持豊を頼った義廉に再び奪回され,細川勝元を頼ることとなり,応仁・文明の乱の要因になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しばよしとし【斯波義敏】

1435?~1508) 室町・戦国時代の武将。斯波家を継いだ義廉と争う。応仁の乱では東軍に属す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斯波義敏
しばよしとし
(1435―1508)

室町中期の守護大名。左兵衛督(さひょうえのかみ)。法号道海(どうかい)。斯波持種(もちたね)の実子。1452年(享徳1)斯波義健(よしたけ)が嗣子(しし)なくして没すると、迎えられて養子となり、越前(えちぜん)、尾張(おわり)、遠江(とおとうみ)の三国守護職(しき)を継いだ。しかし重臣甲斐常治(かいつねはる)と対立し、59年(長禄3)古河公方(こがくぼう)足利成氏(あしかがしげうじ)追討を命ぜられると、関東に向かわず常治を越前敦賀(つるが)に攻めて敗れた。この行動は将軍義政(よしまさ)の怒りを買い、三国守護職を罷免され、周防(すおう)に走り大内教弘(のりひろ)に頼ったが、やがて政所執事(まんどころしつじ)伊勢貞親(いせさだちか)の計らいで帰京し、66年(文正1)義政の赦免を受け、家督を継いでいた義廉(よしかど)と争って応仁(おうにん)の乱の一因となった。乱中は東軍に属し越前に下って朝倉孝景(たかかげ)と戦ったが成功しなかった。連歌(れんが)をたしなみ、『新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)』に7首収められている。永正(えいしょう)5年11月16日没。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斯波義敏の言及

【応仁・文明の乱】より

…播磨国では,細川方の赤松政則の兵が山名方を追い備前・美作両国に攻め込んでいた。越前,尾張,遠江では斯波義敏方の兵が,同義廉方の兵と争っていたし,若狭国では細川方の武田信賢が一色義直を攻めていた。このように両派の対立は,各地で対立を深めつつ,5月に入ると京都に各地からの軍勢が結集しはじめた。…

【斯波氏】より

…その後,義淳,義郷,義健とつづくが,義健に嗣子がなく一族の持種の子義敏がはいって相続する。ところが義敏(斯波義敏)は守護代甲斐氏をはじめ譜代の重臣層と対立し,ついで傍系の渋川義鏡の子義廉(よしかど)(斯波義廉)が家督を継ぐに至り,斯波氏は2流に分かれ相争うこととなる。義廉,義敏はそれぞれ山名氏,伊勢氏と幕府内の有力者と連携して争ったため,これが応仁・文明の大乱の一因ともなった。…

【斯波義廉】より

…室町中期の武将。生没年未詳。渋川義鏡の子で別名義寛。1452年(享徳1)越前・尾張・遠江3ヵ国守護であった斯波義健の没後に家督を継いだ義敏が,甲斐,朝倉,織田氏らの重臣の支持を失い,60年(寛正1)大内氏を頼って周防に逃れた。翌年に斯波家の家督を継ぎ,3ヵ国守護職となった。義敏が大内氏の力を背景に一時家督を回復すると,義廉はただちに義父山名持豊を頼んで再び家督についた。この家督争いが応仁・文明の乱の一因となった。…

※「斯波義敏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

斯波義敏の関連キーワードジョアン[1世]東日本大震災の避難者数周期表阿蘇五岳鄭和本能寺メディチ赤松満政飯尾為種今川範忠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone