コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御斎会 ゴサイエ

デジタル大辞泉の解説

ご‐さいえ〔‐サイヱ〕【御斎会】

正月8日から7日間、大極殿(だいごくでん)(のちに清涼殿)に高僧を集め、金光明最勝王経を講義させ、国家の安泰と五穀の豊作を祈願した法会。結願(けちがん)の日には、御前で内論議(うちろんぎ)が行われた。奈良時代に始まり、平安時代に盛行したが、室町時代に中絶した。御斎講。みさいえ。
天皇が僧を集めて斎食(とき)を与える法会。
「九月九日、奉為(おほみため)の―の夜」〈・一六二・題詞〉

み‐さいえ〔‐サイヱ〕【御斎会】

ごさいえ(御斎会)1

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みさいえ【御斎会】

〈ごさいえ〉〈おさいえ〉とも呼ぶ。宮中御斎会のこと。南都三会の一つ。新春の宮廷仏事として毎年1月8日から7日間,大極(だいごく)殿に斎(とき)を設けて本尊盧遮那仏,観音・虚空蔵の2菩薩,四天王像を安置し,《金光明最勝王経》を講説して国家の安寧を祈願した法会。創始については766年(天平神護2)説と768年(神護景雲2)説があるが,以後年中行事として恒例化し,〈年中行事第一の大事〉とさえいわれた。講師には前年興福寺維摩(ゆいま)会の講師を勤めた僧を充てることが839年(承和6)12月の勅で決まり,恒例化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごさいえ【御斎会】

宮中の年中行事の一。正月8日より14日までの7日間、大極殿(のちには清涼殿)で国家護持・五穀成就の祈願をした法会。衆僧を召して斎食ときを設け、金光明最勝王経を講じさせた。奈良中期に始まり、平安時代には重要な儀式となったが、室町時代に途絶えた。御斎講。みさいえ。

みさいえ【御斎会】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御斎会
ごさいえ

「みさいえ」ともいう。宮中で行われた法会。正月8日から14日までの7日間、国家安寧(あんねい)、五穀豊穰を祈って大極殿(だいごくでん)で僧に斎食(さいしょく)を供養(くよう)し、『金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)』を講ぜしめたもの。経の講始は680年(天武天皇9)と早いが、斎会の成立は768年(神護景雲2)称徳(しょうとく)天皇のときである。813年(弘仁4)にはこの法会の結願(けちがん)の日に天皇の御前で経文の論議を行う内論議(うちろんぎ)が設けられた。新年恒例の宮中行事であったが、室町時代に中絶した。維摩会(ゆいまえ)、最勝会(さいしょうえ)とともに南京(なんきょう)三会の一に数えられた。真言秘密の法会(ほうえ)である後七日御修法(ごしちにちのみしほ)と顕密(けんみつ)相対する。[西山蕗子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の御斎会の言及

【御斎会】より

…〈ごさいえ〉〈おさいえ〉とも呼ぶ。宮中御斎会のこと。南都三会の一つ。…

【御斎会】より

…〈ごさいえ〉〈おさいえ〉とも呼ぶ。宮中御斎会のこと。南都三会の一つ。…

【最勝会】より

…著名なものに毎年正月8日から14日の7日間にわたって行われた宮中大極殿の最勝会がある。これは宮中最勝会とか御斎会(みさいえ)と称せられ,《初例抄》では766年(天平神護2)より恒例化し,宮中での年中行事中,第一の大会といわれた。また薬師寺の最勝会は830年(天長7)6月薬師寺仲継の発議により当寺の教学興隆に資するため,檀主直世王の上奏により始められた。…

※「御斎会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone