コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斧鉞・鈇鉞 ふえつ

大辞林 第三版の解説

ふえつ【斧鉞・鈇鉞】

おのとまさかり。
文章などの修正。添削。
昔、中国で君主が出征の将軍に授けた、生殺与奪の権や統率者の地位を象徴した刑具。 「義貞今臣たる道を尽さん為に-を把つて敵陣に臨む/太平記 10
転じて、征伐のこと。また、刑罪。 「罪固もとより万死に当る、伏して-を待つ/佳人之奇遇 散士
[句項目] 斧鉞を加える

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android