新冠牧場(読み)にいかっぷぼくじょう

世界大百科事典 第2版の解説

にいかっぷぼくじょう【新冠牧場】

北海道日高支庁静内(しずない)町にある牧場。現在は農林水産省新冠種畜牧場という。1872年(明治5)に北海道開拓使によって,静内,新冠,沙流(さる)の3郡にわたる約7万haの土地に野生馬を2000頭近く集牧したのがはじまりで,77年には御雇外国人のエドウィン・ダンにより本格的な整備が行われ,日高牧馬場となった。84年に宮内省所管の新冠牧馬場,88年からは新冠御料牧場となり,輓馬(ばんば),軍馬の繁殖・育成,品種改良に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android