コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新冠川 にいかっぷがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新冠川
にいかっぷがわ

北海道南部を流れる川。日高山脈北部の幌尻岳 (2052m) 付近に源を発し,南ないし南西方へ流れて,新冠町で太平洋に注ぐ。全長 67.1km。上流に下新冠,岩清水,新冠,奥新冠の各発電所がある。このうち 1974年に完成した新冠発電所は,道内最大級の出力をもつ揚水式発電所。また奥新冠発電所の貯水池を幌尻湖と呼ぶ。フタップ滝のある岩清水渓谷は,ヤマツツジ,紅葉の名所。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新冠川の関連キーワード北海道新冠郡新冠町新冠[町]新冠(町)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android