コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新見藩 にいみはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

にいみはん【新見藩】

江戸時代備中(びっちゅう)国阿賀(あが)郡新見(現、岡山県新見市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は思誠館(しせいかん)。1697年(元禄10)、本家(宗家)である津山藩森氏の領地没収に伴い、一族の関長治(ながはる)が備中国のうち1万8000石を与えられて美作(みまさか)国宮川から入封(にゅうほう)して立藩。以後明治維新まで、関氏9代が続いた。過酷な元禄検地によって、知行高1万8000石は実際の生産高の倍近い評価だったことから、常に財政難に悩まされたが、幕末には鉄や和紙の専売で乗り越えた。1871年(明治4)の廃藩置県で新見県となり、その後、深津(ふかつ)県、小田(おだ)県を経て75年岡山県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新見藩
にいみはん

備中(びっちゅう)国新見(岡山県新見市)に置かれた藩。1697年(元禄10)津山藩主森長成(ながなり)が領地を収公されたとき、一族の関長治(ながはる)(美作(みまさか)宮川1万8700石)に備中国のうち1万8000石が与えられ、翌年新見に陣屋を置いた。長治の父長政(ながまさ)は津山藩2代藩主森長継(ながつぐ)の弟である。以後、長広(ながひろ)、政富(まさとみ)、政辰(まさとき)、長誠(ながのぶ)、長輝(ながてる)、成煥(なりあきら)、長道(ながみち)、長克(ながかつ)と継承され明治維新に至っている。新見県、深津県、小田県を経て1875年(明治8)岡山県に編入。[人見彰彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新見藩の言及

【備中国】より

…さて,1672年(寛文12)岡山藩主池田光政は,その子政言(まさこと),輝録(てるとし)にそれぞれ備中国内で2万5000石,1万5000石を分与したが,これが岡山藩支封の外様小藩としての鴨方(かもがた),生坂(いくさか)両藩である。97年森長継が2万石を与えられて,後月郡西江原(井原市)に居所を構えて立藩した西江原藩は,外様小藩で1706年(宝永3)移封で廃藩となり,1698年阿賀郡新見を居所として,関長治が1万8000石を領して立藩した新見藩は,外様小藩ながら9代170年余在封した。 このほか,備中国内の天領支配のため倉敷代官所が1642年に,笠岡代官所が1700年にそれぞれ設置され,備中南部の早島,帯江,撫川(なつかわ),妹尾,高松などには,戸川氏,花房氏などの旗本知行所が置かれていた。…

※「新見藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新見藩の関連キーワード岡山県新見市新見(市)尾崎 喜久平田豪谷元禄検地山岡元貞山田方谷備中国関政富にゅう関長治藩庁外様関氏藩校

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android