コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新開古墳 しんがいこふん

世界大百科事典 第2版の解説

しんがいこふん【新開古墳】

滋賀県栗太郡栗東町安養寺字新開に所在した円墳。名神高速道路の建設に伴い,1959年に滋賀県教育委員会が発掘・調査した。野洲(やす)川の沖積地を北西にのぞむ安養寺山の北麓を占め,直径34mの1号墳と,北に隣接する小型の2号墳とからなる。両墳とも葺石(ふきいし)を欠くが,1号墳には埴輪の樹立をみる。1号墳では,2基の埋葬施設が南北に並置されていた。いずれも一種の木棺直葬(じきそう)で,死者の頭位を東におく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone