施政方針演説(読み)シセイホウシンエンゼツ

デジタル大辞泉の解説

しせいほうしん‐えんぜつ〔シセイハウシン‐〕【施政方針演説】

政府の長が議会に対して向こう一年間の基本的政策や政治方針を示すために行う演説。日本の国会では、毎年1月に召集される通常国会の冒頭に内閣総理大臣衆議院および参議院の本会議場で行い、内閣を代表して国政全般にわたる基本方針を示す。→所信表明演説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせいほうしんえんぜつ【施政方針演説】

毎年 1 月に召集される通常国会の開会式において、首相が内閣を代表し、衆参両院本会議で行う演説。内政・外交の国政全般について、内閣の基本方針を説明する。 → 所信表明演説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

施政方針演説
しせいほうしんえんぜつ

通常国会(常会)の冒頭に内閣総理大臣が内閣を代表して衆議院および参議院の本会議場で行う演説をいう。内政および外交の国政全般にわたり以後1年あるいは1年以上の長期にわたる内閣の基本的政策または政治の方針を明らかにすることを内容とする。憲法、国会法に明文の規定はないが、1890年(明治23)第1回帝国議会で山県有朋(やまがたありとも)首相によって行われて以来、議会の慣習となっている。臨時国会および特別国会では所信表明演説という。また、外務大臣の外交演説、財務(旧大蔵)大臣の財政演説などが続いて行われる。これらの政府演説に対して各党の代表質問が行われるが、委員会審議を中心とする今日の国会では形式的になりがちである。[山野一美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

施政方針演説の関連情報