コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常会 じょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常会
じょうかい

日本国憲法上,毎年1回召集される国会をいい (52条) ,一般には通常国会と呼ばれる。憲法がこのように常会や臨時会 (53条) について規定しているところからみて,会期の制度が前提にされているものと解される。国会法によれば,常会は毎年1月中に召集するのを常例とし (2条) ,会期は 150日である (10条) 。ただし,両議院一致で (もっとも,一致しないときまたは参議院が議決しないときには衆議院の議決したところによる) 会期を1回延長することができる (12,13条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐かい〔ジヤウクワイ〕【常会】

(「定会」とも書く)時期を決めて開く会合。定期的な会合。
通常国会」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

常会【じょうかい】

通常国会とも。毎年1回召集される国会(憲法52条)。国会法により12月中に召集されていたが,1991年の改正により,1992年からは1月中の召集となった。会期は150日だが,衆参両院一致の議決があれば1回に限り延長できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常会
じょうかい

毎年1回定例として召集される国会の会期をいう(憲法52条)。通常会、通常国会ともよばれる。以前は12月中に召集されたが、1992年(平成4)の123通常国会から1月中に召集されるようになり、会期は150日である。常会の召集を決定するのは内閣か国会かについて説は分かれるが、内閣の助言と承認により天皇が国会を召集するという規定(憲法7条2号)や、内閣が臨時会の召集を決定する規定(憲法53条)からみて、内閣が召集すると一般に解される。両議院一致の議決で1回だけ延長することができる。一致の議決に至らないとき、または参議院が議決しないときは、衆議院の議決によることになっている。なお、地方議会で常会に相当するものを定例会といい、毎年、4回以内において条例で定める回数招集される(地方自治法102条)。[池田政章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の常会の言及

【国会】より

…重要案件については,最終的には与野党国会対策委員長,さらには幹事長・書記長の会談を開いて決着を図ることとなる。国会議員【内田 健三】
〔国会に関する用語〕
常会毎年定例として1回召集される国会の会期をいう。12月に召集されるのが例で,会期は150日間で,延長は1回限りとなっている。…

※「常会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常会の関連キーワード石原純(いしはらあつし)TizianaBenDVD奈良田のことば施政方針演説日銀審議委員東城さつき大和田礼子KENTA中村まり子吉井絵梨子国会の種類張かせん本澤未来小林香凛リーリー如月沙羅小林佑暉バートン石川美樹萬谷真之

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常会の関連情報