コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日印平和条約 にちいんへいわじょうやく

百科事典マイペディアの解説

日印平和条約【にちいんへいわじょうやく】

日本・インド間の第2次大戦における戦争状態を終了させた条約。1952年調印。サンフランシスコ講和条約草案に不満で,同条約に調印しなかったインドは,在インド日本財産の返還,賠償放棄など寛大な内容の日印平和条約を単独に結んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちいんへいわじょうやく【日印平和条約】

第2次大戦の交戦状態を終結させるための日本,インド間の平和条約で,1952年6月9日東京で調印され,8月27日ニューデリーで批准書が交換されて発効した。大戦中インドはイギリスの統治下にありイギリス軍の一翼として日本軍と交戦し,日本降伏後は極東委員会対日理事会,東京裁判の参加国となり,1947年8~9月の対日講和イギリス連邦会議(キャンベラ)にも加わった。インド政府は50年秋アメリカからいわゆる対日平和七原則に関する覚書を受け取ると日本の固有の領土保全という見地から批判的態度を示したが,51年8月23日,サンフランシスコ講和条約への招請を拒絶し,その理由として,沖縄などの信託統治付託および占領下での防衛条約の締結に反対し,台湾の中国への返還,千島南樺太のソ連への編入を実現すべきであると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日印平和条約の言及

【平和条約】より

…また,日本に関しては,サンフランシスコ講和条約が結ばれたが,これは,ソ連や中国などが参加しない,いわゆる片面講和であった。その後,インドとの間には1952年に日印平和条約が結ばれた。中国については,はじめ台湾との間に1952年に日華平和条約が結ばれたが,その効力は中華人民共和国には及ばず,72年の日中共同声明によって,後者との不正常な状態が終了するとともに,日華平和条約は効力を失い,78年には日中平和友好条約が結ばれた。…

※「日印平和条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日印平和条約の関連キーワード国民会議派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android