コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向夏

1件 の用語解説(日向夏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

日向夏

宮崎県、静岡県、高知県などで生産される柑橘類。温州みかんよりやや大きく、果皮はレモンのような薄い黄色で、白皮部は厚くやわらかい。果汁が豊富で、爽やかな甘みがある。白皮部をつけたまま切り分けて食することができる。江戸時代の文政年間に宮崎県宮崎市の真方安太郎の宅地内で発見された偶発実生。名称は発見地名に由来する。宮崎県以外で栽培されるものは、「ニューサマーオレンジ」「小夏」などの名で呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日向夏の関連キーワード愛知早生青島温州清見タンゴール正月菜寿太郎温州デコポン新高ニューサマーオレンジ日川白鳳福ダルマ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日向夏の関連情報