コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日域 ジチイキ

デジタル大辞泉の解説

じち‐いき〔‐ヰキ〕【日域】

日が照らす域内。天下。
《日の出る国の意から》日本異称。じついき。にちいき。
「汝―に渡って」〈平治・上〉

じつ‐いき〔‐ヰキ〕【日域】

じちいき(日域)

にち‐いき〔‐ヰキ〕【日域】

日の照らす地域。転じて、天下。
太陽の出る所。
《日の出る国の意から》日本の異称。じちいき。
「日本をば日を像(かたちど)りて―といふなり」〈日本略記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じちいき【日域】

日が照らす範囲。転じて、天下。
〔日の出るところの意から〕 日本の異名。じついき。にちいき。 「汝-にわたつて/平治

じついき【日域】

にちいき【日域】

日本の異名。じついき。 「北客彼の星躔せいてんを算かぞへて此の-に朝まいりく/本朝文粋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日域の関連キーワード日本洞上聯灯録善導寺(寺)度会延佳唐招提寺永平清規梅峰竺信異名願書本主

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日域の関連情報