コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日射計 にっしゃけい actinometer; pyrheliometer

5件 の用語解説(日射計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日射計
にっしゃけい
actinometer; pyrheliometer

日射の強さを測定する器械。すべての波長の太陽放射エネルギーは,これによって熱の形に変えられ,国際単位系 SIにより,瞬間値は KWm-2 ,積算日射量は MJm-2 を基準にはかられる。測定の原理としては,表面を黒くした受光体を日射に当て,その際の温度上昇を測定して受熱量を計算する方式のものと,異なった受光体の温度差によって生じる電流を測定する方式のものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっしゃ‐けい【日射計】

日射の強さを測る器機。太陽面そのものからの放射を測る直達(じきたつ)日射計、天空の反射まで含めて測る全天日射計などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日射計【にっしゃけい】

アクチノメーターとも。日射の強さを測る計器。直達日射量を測るものには,黒くいぶしたマンガニン片に日射を受け,その温度上昇から電気的に熱量を求めるオングストローム日射計,黒く塗った銀円板の温度上昇から計算で求める銀盤日射計があり,全天日射量を測るものにはガラス容器の中に水平受熱面をもつエプリー日射計などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にっしゃけい【日射計】

地表に達する太陽の放射エネルギー量を測定する計器。保温状態にした計器の水槽内に温度計を差し込み、受熱面が太陽光線に垂直に当たるように置いて測る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日射計
にっしゃけい
pyrheliometer

太陽から地球表面にやってくる放射の強さを測定する器械。波長が約4マイクロメートル以下の放射が測れるようにつくってある。太陽面そのものからの放射を測る直達日射計、天空からの放射まで含めた全天日射量を対象とする全天日射計などがある。直達日射は、細長い筒を太陽に向け、筒底にある感部が日射で昇温する速さを測って求める。筒の内面は反射を防ぐため黒く塗装してある。シャッターを開き、銀でつくった黒色の吸熱感部に日射を当てる。これは銀盤日射計とよばれ、古くから使われている。1965年(昭和40)ごろ、太陽の動きを自動追跡する記録式の器械がつくられた。精密な観測には、2枚のマンガニン(銅、マンガンニッケルの合金)板の一方に日射を当て、生じる温度差を測定するオングストローム日射計が用いられる。全天日射には、乾燥空気を封入したガラス球の内部に、黒と白の金属板をリング状に水平に取り付けたエプリー日射計(熱電堆(ねつでんたい)式全天日射計)がよく用いられる。日射による黒白金属板の温度差は、熱電堆(複数の熱電対(つい)を連結したもの)の起電力で測定する。[篠原武次・渡邉清光]
『柴田和雄・内嶋善兵衛著『太陽エネルギーの分布と測定』(1987・学会出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日射計の言及

【日射】より

…したがって地表に到達する日射は大気外日射量の約50%で,約30%は宇宙空間に失われ,約20%は大気中に吸収される。大気放射太陽熱
[日射計]
 直達日射計,全天日射計,天空散乱日射計がある。直達日射計は太陽から大気を通過して直接地上に達する日射のエネルギーを測る器械で,銀盤日射計が一般に用いられる。…

【放射計】より

…一般にはある面に入射する放射エネルギーの,単位面積当り,単位時間当りの量,すなわち放射照度(単位はW/m2またはcal/m2・s)を測定する。日射計もその一種である。放射は通常,紫外,可視,赤外の広い波長領域の成分を含んでいるから,放射計の分光感度(各波長の単色放射に対する感度)は波長によらず一定でなければならない。…

※「日射計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日射計の関連キーワードスピードガン測高器残響計球差pHメーター日射センサー蛍光測定四肢周囲測定分光蛍光光度計二色図表

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日射計の関連情報