コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日方 ひかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日方
ひかた

和歌山県北西部,海南市の中心市地の1つ。旧町名。 1934年2町1村と合体して海南市となる。紀伊水道に注ぐ日方川の河口に位置。日方は「干潟」の意で,かつては湿地であった。近世になって熊野街道が通り,黒江の漆器職人の一部が住み,和傘の製造や東部の野上谷で産するシュロ製品の集散地として発展。 1924年紀勢線の海南駅が設けられてから商業の中心地となった。現在和傘に代って,シュロに起源する和雑貨の製造出荷が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐かた【日方】

日のある方から吹く風。夏の季節風。地方により、西南や東南の風をいう。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日方
ひかた

和歌山県北西部。海南(かいなん)市の一地区。旧日方町。日方川河口にあり、地名はその干潟に由来する。国道42号、370号が通じ、JR紀勢本線(きのくに線)海南駅、海南港、市役所などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日方の関連キーワード圭立法〓(“王へん”に「巽」)有栖川宮熾仁親王リボンを結ぶ夫人佐々木高行日記隣の八重ちゃんはたらく一家対日賠償問題大谷 日出夫母を恋はずや伊豆の踊子出来ごころ海南[市]大日方理咲立憲帝政党プルーイン及川 道子海南(市)徳大寺実則エマーソン日高 澄子

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日方の関連情報