コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本信販 にっぽんしんぱん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本信販
にっぽんしんぱん

消費者信用事業会社である三菱UFJニコスの前身の一つ。1951年に日本信用販売として設立。1966年社名を日本信販に変更。信用販売のパイオニアで,クレジットカード発行枚数は業界トップ。1986~87年には VISA,マスターカードと提携し,国際カードを発行。1991年,NICOSカードを発行。2005年 UFJカードと合併し,UFJニコスに商号を変更したのち,三菱UFJフィナンシャル・グループ(→三菱東京UFJ銀行)の傘下に入る。2006年に協同クレジットサービスと,2007年にはディーシーカードと合併し,三菱UFJニコスに社名変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本信販
にっぽんしんぱん

日本のクレジットカード会社の旧名称。1951年(昭和26)日本信用販売株式会社として設立。有力百貨店を加盟店とし、企業や官庁など職域単位の消費者を会員に、クーポンによる割賦購入斡旋(あっせん)事業を始めた。しかし、1959年の通産省通達「百貨店業者の割賦販売自粛について」で規制を受け、住宅ローン業務進出など経営多角化を推進した。1963年に不特定多数の消費者を対象とするショッピング・クレジット制度を開始、同社事業の柱になる。1966年に日本信販と社名を変更、クレジットカードのサービスを開始し、クーポンからカードへの切替えを実施した。1969年に世界最大のクレジットカード組織インター・バンク・アソシエーション(現マスターカード・インターナショナル)に加盟、同社国際化の第一歩となり、1987年にVISA(ビザ)およびマスターとジョイントカードを発行した。1991年(平成3)には同社カードの新名称をNICOS(ニコス)カードとした。2005年株式会社UFJカードと合併しUFJニコス株式会社となり、さらに2006年協同クレジットサービス株式会社と合併、2007年には株式会社ディーシーカードと合併し三菱UFJニコス株式会社となった。三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある。[中村青志]
『日本信販編『THE・文化――日本信販の半世紀』(2001・日本信販株式会社経営企画本部広報部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本信販の関連キーワードセントラルファイナンス日本信販[株]三和銀行[株]JCB[株]山田 光成アプラス山田光成

日本信販の関連情報