日本生命保険[相互会社](読み)にほんせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

日本生命保険[相互会社]【にほんせいめいほけん】

世界最大級の生命保険会社。1889年弘世助三郎の発案で,関西財界人により(有)日本生命保険を設立。1891年株式会社に改組。1899年業界トップとなる。1942年に富士生命,1945年に愛国生命の契約を包括移転。1947年第二会社・日本生命保険相互会社として再発足。株式会社期の筆頭株主・山口家との縁で,その系譜を引く三和銀行と親密。戦後長らく業界をリードする立場を維持してきたが,1990年代の金融危機以降は新たな路線を模索。1996年ニッセイ損害保険を設立し,損害保険業務に進出。ビル賃貸など不動産事業でも大手なみの実績をもつ。2001年4月同和火災海上保険と合併,ニッセイ同和損害保険を設立し,系列会社とした。本社大阪。2011年総資産49兆8261億円,2011年3月期保険料等収入4兆8964億円。
→関連項目第一生命保険[相互会社]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんせいめいほけん【日本生命保険[相互会社]】

日本を代表する生命保険会社で,保有契約高,収入保険料で世界第1位。本社大阪市中央区。1889年当時の第百三十三国立銀行頭取弘世(ひろせ)助三郎(1843‐1913)により,有限責任日本生命保険として大阪に設立された。生命保険会社としては明治生命保険相互会社(1881設立),朝日生命保険相互会社(1888設立。当時は有限責任帝国生命保険会社)に次いで3番目に古い。それまで使われていた外国の生命表にかえて,東京帝大教授藤沢利喜太郎(1861‐1933)に作成を依頼した日本最初の日本人の生命表〈藤沢氏第二表〉を活用したことで有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日本生命保険[相互会社]の言及

【片岡直温】より

…のち,滋賀県警察部長。89年弘世助太郎と日本生命保険会社創立。92年,98年と1908年より代議士に6回当選。…

【保険業】より


[生命保険業の歴史]
 日本の生命保険業は,1881年明治生命保険会社(現,明治生命保険相互会社)の設立に始まる。明治20年代に入り,経済の安定を背景に,88年に帝国生命保険(現,朝日生命保険相互会社),89年に日本生命保険会社(現,日本生命保険相互会社)が相次いで設立され,明治20年代後半には,生命保険会社の数も20を超えた。その後,日露戦争を乗り切った生命保険業は,明治末から昭和初期にかけて順調に発展していった。…

※「日本生命保険[相互会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android