コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本臓器移植ネットワーク ニホンゾウキイショクネットワーク

百科事典マイペディアの解説

日本臓器移植ネットワーク【にほんぞうきいしょくネットワーク】

1997年10月に設立された公的機関(本部・東京港区)。米国で実績を上げている全米臓器配分機関〈UNOS〉をモデルとする。提供される臓器を医学的にもっともふさわしい患者に配分するための橋渡し業務を行う。
→関連項目臓器提供意思表示カード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本臓器移植ネットワーク
にほんぞうきいしょくねっとわーく

臓器斡旋(あっせん)を行う厚生労働大臣認可の社団法人。臓器を提供してもよいという人(ドナー)やその家族の意思を生かし、臓器を提供してもらいたいという人(レシピエント)に最善の方法で臓器が贈られるように橋渡しをする日本で唯一の組織である。臓器移植法施行にあわせて、1997年(平成9)10月16日、東京都港区虎ノ門に発足した。事業目的は、移植医療の普及啓発、臓器提供者情報を受けてから移植終了までの対応、移植希望者の登録とデータ整備、移植実施後の経過報告と事務処理などのほかに、全国七つのブロックセンターを統括している。臓器斡旋症例について評価する中央評価委員会、臓器移植に関して問題の生じた事例を審査する審査委員会を設置し、その透明性を監視している。移植医療の普及啓発活動として、臓器提供希望者の臓器提供意思表示カード(ドナーカード)を発行している。また各ブロックセンターは、移植コーディネーターを中心に、学校の授業やサークルでの教育活動、会社・地域での説明やイベント参加、医療従事者への情報提供と協力依頼を行っている。腎(じん)移植希望者の新規登録の受付・データの入力、登録データの整備は各ブロックセンターで、心臓・肝臓・肺などの移植希望者については本部において一括管理している。ドナー情報を受けると、移植コーディネーターはドナーとして臓器を提供できる状態であるかどうかを確かめ、もし可能であれば家族に説明し、本人の意思と家族の承諾を確認するとともに、移植手術予定者を選出し、移植施設へ提供された臓器を搬送する。移植後の経過を臓器提供側の家族や主治医に報告し、家族に対する精神的ケアを行う。各ブロックセンターはそれぞれ臓器提供施設、腎バンク、臓器バンクなどの各都道府県移植普及組織、組織適合性検査施設、移植施設などと連携をとり、つねに最良の移植が行われるように体制を整えている。[中村 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本臓器移植ネットワークの関連キーワードGift of Life Card UPty公益社団法人日本臓器移植ネットワーク移植コーディネーター(Co)臓器移植コーディネーター日本の医学史(年表)臓器移植ネットワーク野本亀久雄JOTNWハーティ臓器斡旋腎臓移植腎移植筧栄一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本臓器移植ネットワークの関連情報