コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日華基本条約 にっかきほんじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日華基本条約
にっかきほんじょうやく

1938年1月 16日近衛内閣が発した「国民政府を相手とせず」の声明ののち,日中戦争の収拾を意図して日本が占領下の南京に擁立した,いわゆる「中華民国国民政府汪兆銘 (精衛) 政権 (1940.3.30.成立) との間に 40年8月 31日に締結,11月 30日調印した条約。全文9ヵ条。主権,領土の尊重,共産主義的破壊工作に対する共同防衛などを規定する一方,中華民国における日本軍駐屯,日本艦船部隊の駐留,華北,蒙疆地域の埋蔵資源共同開発および日本に対する積極的便宜供与など,多くの面で日本側の広範な権益を規定している。 43年 10月 30日「日華同盟条約」の締結により失効。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日華基本条約【にっかきほんじょうやく】

1940年11月日本と汪兆銘政権との間に南京で調印された条約。反共の共同行動,日本軍の駐留権などを定め,汪兆銘政権を合法政権として確立すると同時に,日本軍の中国支配を恒久化することを目的とした。
→関連項目近衛文麿内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

にっかきほんじょうやく【日華基本条約】

1940年(昭和15)日中戦争の中で日本と汪兆銘おうちようめい政府との間に締結された条約。日本は傀儡かいらい政権汪政府を中国における正統な政府として認め、戦争終了後の両国の関係について定めたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日華基本条約
にっかきほんじょうやく

日中戦争中、日本が汪兆銘(おうちょうめい)政権と結んだ条約。戦争の長期化に苦慮した日本は、国民党内親日派の汪兆銘に働きかけ、抗日戦から離脱させて、1940年(昭和15)南京(ナンキン)に汪を首班とする傀儡(かいらい)政権をつくった。これを承認するため同年11月、日満華共同宣言とともに日華基本条約を調印、重慶(じゅうけい)の国民政府を否認した。共同防共、日本軍による治安維持、日本艦船の駐留、華北・内蒙古(うちもうこ)の資源開発などを定め、多くの秘密付属文書とともに日本の中国支配の意図を露骨に表していた。英米はこれに反対し、また中国民衆や国民政府の抗戦決意は一段と高まった。[岡部牧夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日華基本条約の関連キーワード阿部 信行正統

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android