コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日韓大陸棚協定 にっかんたいりくだなきょうてい

4件 の用語解説(日韓大陸棚協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日韓大陸棚協定
にっかんたいりくだなきょうてい

1974年1月 30日,日本,韓国両国間で両国隣接の大陸棚の石油,天然ガス資源を開発するため結ばれた協定。協定は両国間水域を中間線で分つ「北部境界画定協定」と,9つの小区域に分ける「南部共同開発協定」の2つから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にっかんたいりくだなきょうてい【日韓大陸棚協定】

日本と韓国との間に存在する大陸棚の開発や境界について定めた国際協定。二つの協定と付属文書より成る。一つは,日韓両国に隣接する大陸棚の北部の境界画定に関する協定であり,他の一つは,同じ大陸棚の南部の共同開発に関する協定である。前者は無期限,後者は50年の有効期間である。1974年1月,ソウルで署名され,78年6月に効力が発生した。現在,南部の区域で物理的探査が行われているが,まだ油層は発見されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にっかんたいりくだなきょうてい【日韓大陸棚協定】

日本と大韓民国の間で結ばれた、対馬海峡付近における大陸棚の境界、東シナ海における石油資源の共同開発などについて規定した二つの協定のこと。1974年(昭和49)署名。78年発効。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日韓大陸棚協定
にっかんたいりくだなきょうてい

1974年(昭和49)1月30日に署名され、78年6月22日に発効した日本と韓国の大陸棚に関する二つの協定、すなわち、「日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の北部の境界画定に関する協定」と「日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の南部の共同開発に関する協定」をいう。前者の協定は、対馬(つしま)海峡西水道の日韓間の大陸棚の境界線を35の座標で示しており、この線は、日本側の壱岐(いき)、対馬(つしま)を考慮に入れた日韓の中間線となっている。共同開発に関する後者の協定は、東シナ海における石油資源(天然ガスを含む)の日韓の共同開発区域を20の座標で示し、開発の方法、開発に関する協力などを規定している。共同開発区域は、大陸棚の境界問題で、陸地の自然延長論を主張する韓国と中間線を主張する日本との各主張の重複する区域であり、この共同開発協定によって、実際上、管轄権問題を棚上げしている。[水上千之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日韓大陸棚協定の関連キーワード実存深海底大陸棚ロス海介在CLCS浅海帯日中中間線北東アジア非核兵器地帯構想日本とアメリカ合衆国との間の友好通商航海条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone