コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧熱帯区 きゅうねったいくPaleotropical region

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旧熱帯区
きゅうねったいく
Paleotropical region

全北区とともに北界を形成する動物区の一つ。サハラ砂漠以南のアフリカマダガスカル島,インド,熱帯東南アジアを含む地域で,その南東端はウォレス線ウェーバー線にはさまれたウォレシアを推移帯として南界のオーストラリア区に接する。 A.ウォレスエチオピア区東洋区を区として区別したが,のちに両区の間にはセンザンコウ,ゾウ,類人猿,サイチョウをはじめ多くの鳥類と哺乳類について共通性が強いので合せて旧熱帯区とし,両区をその亜区 subregionとするようになった。しかしウォレスの区分も現在なおしばしば採用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ねったいく〔キウ‐〕【旧熱帯区】

動物地理区の一。北界に属し、東南アジア熱帯、サハラ砂漠以南のアフリカマダガスカル島を含む地域。全北区動物相共通点が多い。東洋エチオピアマラガシーの3亜区に分ける。
植物区系の一。アフリカから東南アジアミクロネシアにわたる熱帯および亜熱帯の地域。クスノキフタバガキタコノキショウガ各科などの分布の中心をなす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうねったいく【旧熱帯区】

動物地理区の一。主にアジア・アフリカの熱帯地方に属する地域。東洋区とエチオピア区との動物相に共通性が強いことから、両者を合わせて旧熱帯区とし、これを東洋亜区、エチオピア亜区、マラガシー亜区の三亜区に区分している。
植物の地理的分布上の地域の一。旧大陸の熱帯地方、ニューギニア・ハワイ・南太平洋諸島を含む。フタバガキ科の高木類、タコノキ・ヤシ類・バナナなどに代表される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旧熱帯区の関連キーワードニュージーランドエチオピア亜区マラガシー亜区マダガスカルニューギニアフタバガキ科東洋亜区ファウナ植物分布旧北区渡瀬線

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android