コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早笛 はやふえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早笛
はやふえ

能や歌舞伎における特定の役の出囃子の名称。「はやぶえ」ともいう。 (1)  曲の後半で,鬼や荒々しい神の登場に奏される急調の囃子がリズミカルに奏し,大,小鼓が伴う。 (2) 歌舞伎 (1) の応用。超人鬼神竜神など,(1) に準じてその登場の際に奏される。「テンテレツク」などともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はや‐ふえ【早笛】

囃子事(はやしごと)の一。笛を主に大鼓・小鼓および太鼓ではやす急調子のもの。竜神・鬼畜・猛将の亡霊などが走り出るときに用いる。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓を主に大鼓・小鼓・能管を伴う囃子。超人・鬼神・猛獣などの出や立ち回りに用いる。てんてれつく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやふえ【早笛】

能の囃子はやしの一。笛を主調にして大小の鼓・太鼓をあしらった急調の曲。後ジテの竜神や鬼の躍動的な登場に用いる。
歌舞伎の下座音楽の一。主に能から移入した場面に用いるほか、猛獣・豪傑・鬼神などの出や立ち回りにも用いる。能管・太鼓を中心とし、大鼓・小鼓が加わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の早笛の言及

【出入事】より

…そのほか,笛(能管)単独で奏する〈名ノリ笛〉は曲の冒頭のワキの登場に用いられ,使用例が多い。大小物と太鼓物の両様がある〈早笛(はやふえ)〉は,《春日竜神》《張良》《船弁慶》などの竜神や鬼などが勇壮に登場するのに用いられる。 入端事は数が少なく,《大原御幸(おはらごこう)》《班女》など,主として悲しみに沈んでいる女性の中入(なかいり)に用いる〈アシライ中入〉と,一噌(いつそう)流の笛が夢幻能の前ジテの中入に奏する〈送リ笛〉の二つだけである。…

※「早笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早笛の関連キーワード馬場あき子紀州道成寺後ジテ豪傑主調

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android