コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭志 きょくし

3件 の用語解説(旭志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旭志
きょくし

熊本県北部,菊池市南東部の旧村域。阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) 西麓にある。 1956年北合志村と旭野村が合体して旭志村が成立。同年護川村の一部を編入。 2005年菊池市,泗水町,七城町と合体し菊池市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旭志
きょくし

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧村名(旭志村(むら))。2005年(平成17)菊池市に合併。現在は菊池市の南部東寄りを占める。旧村域は更新世(洪積世)前期火山岩(安山岩類)の阿蘇(あそ)外輪山地からなる東半域と、開析の進んだ阿蘇溶結凝灰岩の迫間(はざま)丘陵、肥後(ひご)台地からなる西半域とから成り立っている。この対照は土地利用面でも、東半域の山林原野、肉牛肥育、西半域の田畑、乳牛飼育となって現れている。米麦、タバコ栽培、養蚕、赤牛飼育が伝統的な農業形態であったが、昭和30年代後半から、畑作と結び付いた酪農が伸び、飼料畑や牧草栽培が一般化し、県内有数の畜産地帯となる。一方、昭和40年代後半からは工業に村の振興を求める姿勢がつくりだされ、国道325号の整備、これに連なる主要地方道の改修などが、熊本市およびその隣接町村に立地している工場や研究所の関連下請施設などの進出を促した。藤尾支石墓群のほか阿蘇外輪山の秀峰鞍岳(くらだけ)がある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旭志の関連キーワード熊本県菊池市今熊本県菊池市小木熊本県菊池市木野熊本県菊池市旭志旭志〈村〉熊本県菊池市長田熊本県菊池市原熊本県菊池市藤田熊本県菊池市隈府熊本県菊池市亘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旭志の関連情報