コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明玉珍 めいぎょくちんMing Yu-zhen; Ming Yü-chên

3件 の用語解説(明玉珍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明玉珍
めいぎょくちん
Ming Yu-zhen; Ming Yü-chên

[生]至順2(1331)
[没]至正26(1366).重慶
中国,末の群雄の一人。随州 (湖北省) の人。至正 11 (1351) 年に紅巾軍の一派の徐寿輝が湖北省を基盤に蜂起すると,これに投じて元軍と戦い,同 16年には重慶を陥れ,その地を根拠に四川の諸郡を占領した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいぎょくちん【明玉珍 Míng Yù zhēn】

1331‐66
中国,元末群雄の一人。随州(湖北省)の人。1353年(至正13)徐寿輝の天完国に参加し重慶を拠点に勢力を伸ばしたが,60年陳友諒が徐寿輝を殺して大漢国をたてると隴蜀王として自立し,四川一帯を支配した。62年大夏国をたてて皇帝となり,弥勒ないし明(マニ)教を信奉して周制を模倣した官制をしき,科挙を施行するなど体制の確立に努めた。没後,子昇が位をついだが,71年(洪武4)明朝に下った。【阪倉 篤秀】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明玉珍
めいぎょくちん
(1331―1366)

中国、元(げん)末群雄の1人。随州(ずいしゅう)(湖北省随県)の人。彼は熱心な白蓮(びゃくれん)教徒で、初め徐寿輝(じょじゅき)の武将として元軍と戦ったが、重慶(じゅうけい)(四川(しせん)省)を陥落させると、ここを根拠に四川地方を平定した。のちに徐寿輝が殺される(1360)と自立して「蜀(しょく)王」と称し、「大夏」国を建てた(1362)。彼は国内を八道に分かち、周制に倣った官制を設け、科挙を行うなど地方の経営に努めたが、在位5年にして病没した。後を子の明昇(めいしょう)が継いだが、部将間に抗争が絶えず、国力が衰え、のち朱元璋(しゅげんしょう)(明(みん)の太祖)の送った征討軍に降服した。[谷口規矩雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明玉珍の関連キーワード元弘元徳元弘の変隠岐国分寺舞鶴市の学童疎開大洲城笠置寺経世大典元弘元弘の変

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone