コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明野ヶ原 アケノガハラ

4件 の用語解説(明野ヶ原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あけの‐が‐はら【明野ヶ原】

三重県東部、伊勢市北西部にある台地。宮川河口近くの左岸にあり、古い扇状地が隆起してできた。標高5~10メートル。畑地が多く、ダイコン葉タバコなどの栽培が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あけのがはら【明野ヶ原】

三重県,伊勢平野南部にある洪積台地櫛田川と宮川の間の沖積低地で,西は第三紀の多気・玉城丘陵によって限られる。東の海岸は砂州や浜堤,後背湿地が発達するが,台地の標高が2.5~10mと低いため,その境界は不明瞭である。行政上は北部は明和町,南部は玉城町,小俣町,伊勢市に及ぶ。乏水台地であるため,松林が各所に散在し畑作農業が盛んである。土壌は畑地では表層に表層腐食質黒ボク土が厚く堆積し,ダイコン栽培が盛んで伊勢たくあんの産地として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕明野ヶ原(あけのがはら)


三重県中部の台地。宮(みや)川下流左岸に広がる洪積台地で標高3~25m、面積約4km2。水利に恵まれない原野だったが、明治期以降、桑畑となる。大正末期に陸軍飛行学校が開設され、跡地の一部を現在は陸上自衛隊航空学校が継承。1978年(昭和53)、宮川用水が完成、水田化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明野ヶ原
あけのがはら

三重県中東部、伊勢(いせ)市小俣(おばた)町の宮川河口近くの左岸にある台地。面積約4平方キロメートル、標高10~20メートル。古い扇状地が隆起して台地状となり、開析されながらも連続した平坦(へいたん)面が広く残ったもの。水が得にくく原野であったが、1920年(大正9)明野飛行学校が開設された。第二次世界大戦後、大部分は明野開拓団に開放されたが、一部は陸上自衛隊航空学校となり、ヘリコプター訓練が行われている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明野ヶ原の関連キーワード伊勢平野雲出川洪積台地下総台地台地能褒野西都原磐田原台地三本木原台地三方原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone