小俣(読み)おばた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小俣
おばた

三重県中東部,伊勢市北西部の旧町域。伊勢平野の南部に位置する。 1928年町制。 1955年有田村の一部,1957年斎明村の一部を編入。 2005年伊勢市,二見町,御薗村と合体して伊勢市となった。地名由来は諸説あり,小端小幡とも書いた。中心地区は宮川下流西岸,伊勢神宮の対岸にあるため参宮街道渡河点にあたり,鉄道開通以前は渡津集落として栄えた。背後は宮川のデルタで,米作が行なわれるほかタバコ,伊勢たくあんの原料となるダイコンが栽培される。北部に陸上自衛隊明野航空学校がある。繊維,機械などの工場や住宅団地が立地。国の史跡に指定されている離宮院跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おばた【小俣】

三重県中部、伊勢市の地名。宮川の渡しで発展。伊勢たくあんの本場。離宮院跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小俣の関連情報