コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星室庁 セイシツチョウ

デジタル大辞泉の解説

せいしつ‐ちょう〔‐チヤウ〕【星室庁】

Court of Star Chamber》英国のウエストミンスター宮殿の「星の間」で開かれた刑事特別裁判所。中世に起源をもつが、1487年、ヘンリー7世によって明確化され、一般の裁判所の扱えない事件を審理した。のち国王の政敵弾圧機関と化し、1641年廃止。星法院。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしつちょう【星室庁】

1487年ロンドンのウェストミンスター宮殿の星の間に設置された刑事特別裁判所。ヘンリー七世により確立。国王直属のため絶対王政の専制機関化した。1640年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星室庁
せいしつちょう
Court of Star Chamber

イギリス、ウェストミンスター宮殿の「星室」(天井に星の装飾があったところから名づけられた)で開かれた、国王大権裁判所スター・チェンバーともよばれる。複雑な法的手続を要する各種のコモン・ロー裁判所が対処しえない事件を処理するために、15世紀末から国王評議会の裁判権に基づいて開かれるようになった。治安を乱す行為、陪審員の贈収賄などを管轄事項として、チューダー朝に入って盛んに開かれたが、スチュアート朝においては国王専制の政策を遂行するための道具として濫用され、ことに政敵やピューリタンに対して拷問をはじめとする過酷な刑罰を課して悪評を買い、ピューリタン革命期の1641年、長期議会によって廃止された。[今井 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

星室庁の関連キーワードヘンリー(7世)検閲(公権力)リルバーン星室裁判所言論統制絶対王政OUP今井

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android