コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木荘 はるきのしょう

2件 の用語解説(春木荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

春木荘【はるきのしょう】

和泉国和泉郡池田郷(《和名抄》)に成立した荘園。現大阪府和泉市の春木町を遺称地とし,松尾谷一帯に比定される。1164年藤原忠通(ただみち)の子九条兼実(かねざね)が父の供養のため奈良春日社(春日大社)・興福寺に四季供料を寄進するため,池田郷内春木村の地に立荘。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はるきのしょう【春木荘】

和泉国和泉郡(現,大阪府和泉市春木町を中心とする地域)にあった荘園。平安末期,九条兼実が立荘して春日社に寄進し,その年貢をもって春日社四季八講料にあてたのにはじまる。1174年(承安4)玄禅五師という者が悪徒と語らって濫吹(らんすい)を行ったり,1204年(元久1)に国司が非例非分の課役を課すなどのこともあったが,兼実の子孫が領家職を相伝し,春日社に四季八講料を出しつづけたようである。1250年(建長2),九条道家は春木荘を三男実経に譲与したため,以後領家職は一条家の領有するところとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

春木荘の関連キーワード和泉市和泉山脈和泉流金剛生駒紀泉国定公園信太桃山学院大学和泉石信太の森茅渟いずみ山愛の里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone