コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無邪気 ムジャキ

デジタル大辞泉の解説

む‐じゃき【無邪気】

[名・形動]
素直で悪気がないこと。いつわりや作為がないこと。また、そのさま。「無邪気ないたずら」「質問に無邪気に答える」
あどけなくかわいらしいこと。また、そのさま。「赤ん坊の無邪気な笑顔」
思慮に欠けること。また、そのさま。
「両親や教師は―にもこの事実を忘れている」〈芥川侏儒の言葉〉
[派生]むじゃきさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むじゃき【無邪気】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あどけなくて、すなおな・こと(さま)。 「 -に笑う」 「 -な子供」
悪気やねじけた気持ちのない・こと(さま)。 「 -な言動」
深い考えのない・こと(さま)。 「身に落ちかかる災を知らぬとすれば-の極きわみである/草枕 漱石
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無邪気の関連キーワードウォルフラム(エッシェンバハの)エドガルド・M. レイエスデービッド イグネーシアスE.S. ギンズブルグトリニ アルヴァラード星空のディスタンスモルゲンシュテルンアンファンテリブルデイジー・ミラーティンメルマンスG. ヌーヴォー煙突の見える場所ムイシュキン侯爵Innocentバタアシ金魚葬儀を終えてベビードールカボティーヌ可愛らしい善太・三平

無邪気の関連情報