コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晏殊 あんしゅ Yan Shu

3件 の用語解説(晏殊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晏殊
あんしゅ
Yan Shu

[生]淳化2(991)
[没]至和2(1055).長安
中国,北宋の政治家,詞人。撫州臨川 (江西省) の人。字,同叔。息子の晏幾道とともに「二晏」といわれる。7歳で文をつくり,14歳で宋代最初の童子のための進士の試験を受け,翌年廷試を受けて時の皇帝真宗から同進士出身を賜わって秘書省正字に任じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あんしゅ【晏殊 Yàn Shū】

991‐1055
中国,北宋の宰相,詞人。字は同叔,諡(おくりな)は元献公。江西省臨川の人。真宗朝に15歳で特別試験に及第して任官,仁宗の代には刑部尚書,同中書門下平章事(宰相)兼枢密使(国防長官)に至り,国政の中枢を担当して名声があった。歌辞文芸,においても,小令(短編)を主とする北宋前半期の代表的作家で,詞集《珠玉詞》がある。第7子の晏幾道も詞人として知られ,詞集《小山詞》がある。【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晏殊
あんしゅ
(991―1055)

中国、北宋(ほくそう)中期の政治家、文人。字(あざな)は同叔。撫州臨川(ぶしゅうりんせん)(江西(こうせい)省)の人。1004年科挙の神童科にあげられ、翌1005年に同進士出身を賜った。このとき華北出身の宰相寇準(こうじゅん)は、彼が江南の人であることを理由に反対したが、真宗は「人材登用に遠近はない」と退けた。続く仁宗にも信頼され、1043年宰相にのぼり、范仲淹(はんちゅうえん)らの改革を推進した。人材の育成に努め、五代以来廃れていた学校を復興し、彼の門下からは范仲淹、欧陽脩(おうようしゅう)ら多数の秀才を生んだ。詩文に優れ、文集240巻があったが、伝わっていない。ただ『珠玉詞』1巻は伝わっており、北宋初期の詞人として有名である。子の幾道も詞人で『小山詞』1巻がある。[竺沙雅章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晏殊の関連キーワード王欽若寇準史弥遠曹知白黒衣の宰相詞人花の宰相郭熙章惇呂夷簡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone