コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普久原朝喜 ふくはら ちょうき

1件 の用語解説(普久原朝喜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普久原朝喜 ふくはら-ちょうき

1903-1981 昭和時代の民謡歌手。
明治36年12月30日生まれ。沖縄の三線(さんしん)(三味線)の名手。昭和2年大阪でマルフクレコードを設立。数おおくの琉球民謡をふきこみ,「チコンキー(蓄音機)ふくばる」の愛称でしたしまれる。作詞・作曲も手がけた。昭和56年10月20日死去。77歳。沖縄県出身。作品に「移民小唄」「軍人節」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

普久原朝喜の関連キーワード出雲愛之助(2代)遠藤お直(初代)音丸嘉手苅林昌函青くに子佐藤貞子成田雲竹松尾サダ村田文三渡部お糸(初代)