コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普久原朝喜 ふくはら ちょうき

1件 の用語解説(普久原朝喜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普久原朝喜 ふくはら-ちょうき

1903-1981 昭和時代の民謡歌手。
明治36年12月30日生まれ。沖縄の三線(さんしん)(三味線)の名手。昭和2年大阪でマルフクレコードを設立。数おおくの琉球民謡をふきこみ,「チコンキー(蓄音機)ふくばる」の愛称でしたしまれる。作詞・作曲も手がけた。昭和56年10月20日死去。77歳。沖縄県出身。作品に「移民小唄」「軍人節」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

普久原朝喜の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ銀行法座散乱木遺跡プラット修正ロシア映画公営交通亜蘭知子電子制御式4速AT童夢常用漢字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone